ぶん屋の抽斗

bunakane.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 10月 14日

船明へ移転した「とん吉」でチャーシューメン

e0220163_16562834.jpg

磐田市はジュビロードにあった「とん吉」さんが、浜松は天竜区船明(ふなぎら)へ移転してまいりました。たしか3月だったように記憶しておりますが詳細はおぼろな記憶の中であります。先だって女房とドライブをしていてちょいと寄ってみようかと。以前は確か「天龍路」なんて名前の蕎麦屋さんでありまして、「ゆずそば」がうまかったなと。そんなことは覚えているのにな。











e0220163_16563108.jpg
e0220163_16563481.jpg
e0220163_16563763.jpg
e0220163_16563984.jpg
e0220163_16564367.jpg
e0220163_16564681.jpg
e0220163_16564879.jpg
11時のオープンでありまして、伺ったのは開店10分後ほどした頃でしょうかね。すでに3組の方々がお見えでして、あたしと女房は窓際の船明ダム湖の見える席へ。なかなか良い眺めでありまして、風情があっていいなと。先においでのあたしよりちょいと先輩に見えるご夫婦、20分ほど待っているようでなんだかイライラしておりましたな。少しぐらいのんびり待てばいいのになと。イライラするのもつまらないのに。ま、ちょっとオペレーションがよくないかなとは思いますが。風景を観ながら女房といろいろ話をしているうちに、先に餃子がやってまいりました。卓上を見ますってぇとラー油と酢、胡椒が見えるんですが醤油がない。ま、いいかとラー油と酢を小皿へと注ぐ。もちっとした皮にかぶりつきますれば肉がたっぷりの味付き餃子であります。味がついているタイプは比較的甘めなものが多いように思うんですが、ここのは結構さっぱりとしていて酢だけでも十分おいしい。へー珍しいね、なんて女房と話しているうちにチャーシューメンが到着。スープの色はちょいと濃い目でありまして麺は腰のあるエッジの効いた麺。思いのほか腰がありまして弾力がありましてパツンとかみ切れる歯ごたえ。スープh見た目ほどには塩分濃度も高くなくって、動物系優勢の深味とコクのある味。この甘味は昆布もさることながらチャーシューの煮汁を返しに使っているなと。あたしがよく使う「遠州系ラーメン」でありまして、炙りの入ったバラチャーシューの出来がいい。臭みがなくって脂の旨みが凝縮しておりますな。流石の老舗でありますな。全体のバランスもいいですし、さっぱりしていながらもコクと風味が豊かであります。あたし共が食べ終わった頃にはお店は満員御礼でありました。駐車場が狭く感じたんですが、店の南に4台ありまして、道路の路側が広いので結構10台近く停まっておりました。ほかのメニューもいただきたいなと。大変おいしくいただきましてご馳走様でした。

(あっち方面はラーメン屋が少なかったから繁盛するんじゃないかなと)









by komamono_bun_ya | 2014-10-14 17:20 | ・浜松市天竜区 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://bunakane.exblog.jp/tb/22472923
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 今日の暦      今日の暦 >>