ぶん屋の抽斗

bunakane.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2016年 05月 05日

銀シャリな朝餉

e0220163_09475508.jpg

「お海苔が切れていたみたいで…」

「お、今日買いに行ってくるか」








朝餉には欠かせない海苔でありまして、どうやら女房の勘違いでもってもう一袋あると思っていたのがなかったようでありますな。まま、それは書いた詩に行けばいいやと。しかし海苔のない朝餉は何か物足りなくって寂しい。元来海苔は大好きでしてよく食べているんだけどな、髪はない。ま、海苔のせいばかりじゃありませんが。ご飯を玄米に替えてしばらくたつんですが、12時間以上浸けておかなくっちゃならないので急に炊かなくっちゃいけないときとかにはちょいと困ったり、胃腸の調子がよくないときはやはり白も胃の方が消化がよかったりてぇこともありまして、この頃は白米もストックしておくようになりました。さすがに見た目はきれいな銀シャリでありまして、海苔についた醤油が染みますってぇとそれを見ているだけで食欲も涌く。で、先だって伺った袋井の「仙の房」さん、とろろをいただくのに出てくるのは「麦舎利(ばくしゃり、麦飯のこと)」でありまして、これもポリポリしていておいしい。銀シャリはどうしても糖分が高くって重く感じますからたまには麦シャリもいいかなと。銀シャリ、麦シャリ、玄米とその時々で変えてみるのも面白い。食べることに何かこだわりを持つのも何なので、楽しく食べて健康なのが一番だなと。今朝もおいしい朝餉をありがとう。

(十穀米てのもいいよね)






by komamono_bun_ya | 2016-05-05 09:57 | 朝餉の風景 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://bunakane.exblog.jp/tb/24355022
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 微睡      今日の暦 >>