ぶん屋の抽斗

bunakane.exblog.jp
ブログトップ
2016年 09月 30日

胡瓜の糠漬けな朝餉

e0220163_08273887.jpg
「胡瓜の糠漬けがこれで最後です」

「旨かったよな、また買ってくるよ」









ステロイド治療が終わりまして波乗りに復帰をしているんですが、やり過ぎて疲れが残っちゃいけないと思って1時間ぐらいしか入っていないのに、なんだか体中がパキパキであります。そんなあたしを横目に女房が朝餉を整えてくれておりまして卓へとつくことに。白味噌が新しいロットに入りましてこれがまた麹の甘みがよく出ていておいしい。さっぱりとした上品な甘さってぇのはこの事を言うんだよな。昨夜引いておいたダシもよく効いておりましてしっかりと下支えをしている。これ飲んじまうと化学調味料の「出汁の元」には戻れない。で、胡瓜の糠漬けですが、「道の駅掛川」で買い求めるんです。これが抜群においしい。酸っぱ過ぎずしょっぱ過ぎずいい塩梅でもって漬かっている。こういうものはちょっとあれば飯が進むってなものでありましてうれしいものですな。なんだか豪華な朝餉でありますが友人から入るメールでは波は今一つのようであります。ちょいと洗濯物でも干しまして干潮から潮が上げ始める頃を狙って様子を見に行こうかなと。また糠漬け買ってこなくっちゃ。今朝もおいしい朝餉をありがとう。

(家で出汁を引くようになってさらに楽しみが増えたよ)







by komamono_bun_ya | 2016-09-30 08:37 | 朝餉の風景 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://bunakane.exblog.jp/tb/24689679
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 肩前後/風食らって今ひとつなブレイク      今日の暦 >>