ぶん屋の抽斗

bunakane.exblog.jp
ブログトップ
2016年 10月 16日

七味唐辛子な朝餉

e0220163_11093020.jpg
「お、そういえば森がくれた七味出しとくれ」

「あ、はい」









先だって友人が群馬のお土産ってぇことでもって七味唐辛子をくれました。群馬は富岡「吉田屋」の七味唐辛子でありまして北関東では知らない人はいないってぇぐらい有名。一味唐辛子ってぇのは赤唐辛子だけのことでありまして、七味はその名の通り「七色」が入っております。こちら「吉田屋」さんの七味には胡麻、青海苔、唐辛子、ミカンの皮、麻の実、山椒、紫蘇が入っているってぇことであります。京都は清水寺の参道で売っているものがこちらでは有名かなと、で、こちらには青海苔の代わりに生姜が入っていたと記憶しておりますが、青海苔がふんだんに入っているのはここらではちょいと珍しいかなと。元はと言えば「芥子、陳皮、胡麻、唐辛子、麻の実、山椒、紫蘇、海苔、青海苔、生姜、菜種」の中から客が好みで選んで調合してくれていたりしました。で、辛いものが好きなあたしに友人が買い求めてくれたのは赤唐辛子が幾分たくさん入った「大辛」なんですが、いかんせん何にも辛くないw で、うちにある乾燥唐辛子を引いた一味を混ぜて使うことに。えっとね、いろいろな香りがしてこれは美味しい。味噌汁にはもちろんですが、漬物に振りかけると香りがよくってかなりおいしくいただける。辛いばかりが香辛料じゃありませんでして、「香り」てぇのが大事だったりいたします。一味と七味のミックスをしばらくは楽しむことにいたします。今朝もおいしい朝餉をありがとう。

(何にでも使える香辛料はうれしい限り)







by komamono_bun_ya | 2016-10-16 11:23 | 朝餉の風景 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://bunakane.exblog.jp/tb/24722596
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 唐辛子の収穫も終盤      今日の暦 >>