ぶん屋の抽斗

bunakane.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2016年 12月 04日

はる姐さん (ぶん屋猫名鑑その一)

e0220163_10015635.jpg

相変わらずどすの効いた顔でベッドに鎮座しているはる姐さんでありまして、その風貌はまるで牢名主のようであります。が、この表情の時はかなり機嫌がよくって穏やか。わかりにくい。はる姐さんが我が家へやってきて12年が経ちます。友人が猫を保護したんだけど見てくれないかってぇのがそもそもの出会いでありまして、見るなり気に入って家で一緒に暮らすことに。女房が名前をどうしましょうってぇんで、「お前が亜紀(秋)だから春でいいんじゃねぇか」ってなぐあいで。甘えっ子で気が小さくって気難しくてツンデレなはる姐さん(随分並べたもんだ)ですが可愛い家族の一員であります。こちらへ越してまいりまして一年が経ってやっといろいろと落ち着いてきたようであります。これからも元気で長生きをしてほしいなと。

(年々ドスが効いた顔になっていく)







by komamono_bun_ya | 2016-12-04 10:07 | 愛しの猫たち | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://bunakane.exblog.jp/tb/25006110
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 今日の暦      ほぐし鮭菜飯な朝餉 >>