ぶん屋の抽斗

bunakane.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 01月 05日

「ゆきまんま」な朝餉

e0220163_08114492.jpg

「今朝は頂いたお米を炊きました」

「お、真っ白だな」









仕事をお願いしている中に飛騨の職人さんがおられまして、先だってお米を送ってきてくれたんです。地元のお米でもってもち米とコシヒカリを掛け合わせた「ゆきまんま」ってぇ銘柄のお米だってぇことであります。雪のご飯かいと思いながら見てみたんですが、きめが細かくって白い。まさに雪のようなイメージだなと。で、今朝は女房がそのお米でもって飯を炊いてくれましていただくことに。炊きあがりはとても白くって見た目にもふわりと柔らかそうであります。で、いただきますればその弾力ときめの細かさは群を抜いておりましてふわりと優しい甘みがある。お米は銘柄でもって味がそれぞれ変わるんですが、これはかなりおいしい。贅沢をさせていただいております。しかしあたしんちにはおいしいものが集まるなと。あたしの「食いしん坊オーラ」がほとばしっているのかなとも。いずれにせよありがたいことでもってしばらくは楽しむことが出来そうであります。一日の活力を取り入れる朝餉でありましてそんな朝餉に美味しいお米。なんとありがたいことか。今朝も大変おいしい朝餉をありがとう。

(女房も元気よく出勤)







by komamono_bun_ya | 2017-01-05 08:19 | 朝餉の風景 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://bunakane.exblog.jp/tb/25125761
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 庭の餌台にやって来たのは      今日の暦 >>