ぶん屋の抽斗

bunakane.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 03月 30日

今日の暦

e0220163_20072431.jpg


今日は旧暦の「桃の節句」であります。桃の花が咲いているこの時期が本当の桃の節句だよな。古来からある行事は旧暦の方がしっくりくるよね。さて、七十二候は第十二候「雷乃発声(かみなりすなわちこえをはっす)」を迎えました。冬の間鳴りを潜めていた雷が鳴り始めるころとのことであります。寒冷前線の通過などで雷が鳴るんですが、これを「春雷」と言いますな。農事の始まりであります。











本日の暦であります。

3月30日 木曜日 (旧暦 三月三日) 丙辰(ひのえ たつ) 五黄

二十八宿:奎(けい) 柱立棟上神仏祭事等吉

中段:のぞく(除) この日は不浄を払い百凶を除き去り、医師かかり始め、種まき吉。結婚、動土は凶。

六輝:大安(だいあん・たいあん) 大安日の略。陰陽道でこの日、結婚、旅行、建築、開店など、何事をなすのにも吉日とされています。

本日は「マフィアの日」であります。1282年のこの日、マフィアの名前の由来となったとされる「シチリアの晩鐘事件」が起きました。当時のシチリア島はフランス国王の叔父であるシャルル・ダンジューの苛酷な支配下にありました。1282年のこの日は復活祭の翌日の月曜日であり、晩祷の為に教会の前に市民が集まっていました。そこへフランス兵の一団がやってきて、その土地の女性に手を出そうとしたため、その女性の夫はいきなりその兵士を刺してしまいました。その場に居合わせたほかの市民もフランス兵に襲いかかり兵士の一団を全員殺してしまいました。そのとき晩祷を告げる晩鐘が鳴ったことから、「シチリアの晩鐘事件」と呼ばれます。この叛乱は全島に拡大し、フランス人は見つかり次第に殺され、その数は4000人以上に及んだそうです。この叛乱の合言葉「Morte alla Francia Italia anela(全てのフランス人に死を、これはイタリアの叫び)」の各単語の頭文字を並べると「マフィア(mafia)」となり、これがマフィアの名前の由来であるという説があります。シャルル・ダンジューのアンジュー王家はシチリアから追放され、代ってシチリアの支配者となったアラゴン王家との間に20年に及ぶ戦争が起きました。奢るもの久しからず。

本日も皆さんにとって良い日でありますように。








by komamono_bun_ya | 2017-03-30 06:06 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://bunakane.exblog.jp/tb/25654783
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 久しぶりに家で朝餉      ぶん屋の鳥餌一号店は大騒ぎ >>