ぶん屋の抽斗

bunakane.exblog.jp
ブログトップ
2017年 04月 04日

掛川「ジェット家」でチャーシュー麺と味玉

e0220163_18200680.jpg


今日は掛川へ買い物に出たついでに「ジェット家」へ寄ることに。到着が開店12:00の10分前でもって前に6名。開店時には後ろにも6名でもって一巡目で入れましたよ。オーダーはチャーシュー麺並味玉、固め薄目普通で。注文を言い終えた後からまだまだ人が増え始めまして外待ち6人。危ない危ない。











e0220163_18200912.jpg
e0220163_18201205.jpg
e0220163_18203113.jpg
e0220163_18203538.jpg
e0220163_18203830.jpg


カウンターへ取り付いたときには調理テーブルの上にはまだ何も出ちゃおりませんでして、やおら支度にとりかかる店主。叉焼やら味玉やらそれぞれのトッピングの入った小鉢を取り出しまして並べ、麺をほぐし始める。注文を受け付けた数の器を並べまして麺を茹で始めスープの具合をみるように寸胴をかき混ぜる。器に返しを入れましてざるで濾しながらスープを張り、麺を入れまして具をのせていく。この一連の動作が無駄がなくって見ていて飽きない。時に不思議な動きをしますが、それもまた楽しかったり。今日はストレッチをしながらだったな。疲れてるのかななんて心配をしてみたり。で、目の前に器が供される。この絵面だわ。「ザ・横浜家系」と冠詞をつけたくなる。酒井製麺の縮れ太麺は短尺ながら食べごたえがあるんですが、ここの茹で加減なのかちょいと蒸したような食感が特徴的だなといつも思ったり。おもむろにカウンター上にあるおろしにんにくを一さじ。家系にこのニンニクが合うんだよね。肉感の強いスープを絡めてガンガン麺をすする。今日は骨感と肉感がいい感じでもって油の量も普通にしたこともあってかオイリー。肩ロースのチャーシューがちょいと厚めのカットになりまして食べごたえも十分。すごく特した気分。しかしこのスープは「飲む肉」だな。ある家系の店主が言っていた「家系は醤油と油で食わせる」てぇ言葉を思い出したり。なんともパワフルな味でありましてこの味はここでしか食べられないものな。本日も大変おいしく頂きましてご馳走様でした。

(出るときには後ろ8組)








by komamono_bun_ya | 2017-04-04 18:36 | ・掛川市 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://bunakane.exblog.jp/tb/25669640
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 2017ぶん屋の食い倒れ韓国旅...      細江町「蔵前家」でチャーシュー麺 >>