2017年 04月 12日

名塚「麺創房一凜」でベジタブルポタージュ オマールエビのビスクラーメン

e0220163_19251272.jpg

今日はお呼ばれでもってちょいと浜松は名塚の「麺創房一凜」さんへ。別名「武田製麺所」さん。数日前に連絡がありまして、師匠と一緒にコラボをやるんだってぇことでもってイベントの翌日に限定ラーメンを取っておくので還暦のお祝いにってぇことでもって食べに来ちゃくれめぇかと。ありがたいことでもって伺うことに。










e0220163_19251866.jpg
e0220163_19252142.jpg
e0220163_19252623.jpg
e0220163_19253600.jpg
e0220163_19253289.jpg
e0220163_19253971.jpg


開店ちょいと前にお店へとつきましたら暖簾を出す前だったにもかかわらず入って待っていてくれと。支度をする店主にいろいろ聞きながらその「限定ラーメン」を待つ事に。ちょいとフレンチをやっている友人のシェフがいて、その方に手伝ってもらって「オマールエビ」でソースを作ったってぇことであります。で、ベジタブルポタージュにそのソースを合わせてみたんだと。そりゃ楽しみだってぇことでもって待っておりますれば見た目にも鮮やかな限定ラーメンが供される。茶色身のかかったスープにはレアチャーシューや揚げたレンコン、白髪ねぎに赤ビーツの細切りとブロッコリー。なんだか箸でもって崩すのがもったいない体でありますが容赦なくいただくことに。まずはスープからってぇことでもってレンゲですくいますれば程よい粘度のジャガイモをベースにしたベジタブルスープ。オマールエビの臭さを微塵も感じさせない上に風味豊かなソースが効いている。地中海を思わせるスープだもの。おそらくはかなり下ごしらえに時間と気持ちをかけたと思われるソースが上品で味わい深くまろやかでいて豊か。口で味わった後はいつまでも鼻腔へと抜ける香りが残る。じゃがいもをベースにしたベジポタならではのシンプルさゆえのソースだなと。で、このスープに合わせる麺は加水率50%の超加水麺。三日熟成てぇことでもって滑らかなうえにも腰がありましてこれはもうパスタフレスカ・スパゲッティーであります。「オマールエビのビスクベジタブルポタージュ  生パスタによるスープスパゲッティー」とでも。揚げたレンコンや細切りのゴボウ、茹で上げたブロッコリーとコーン、生の白髪ねぎや赤ビーツの食感もよく合っておりまして低温真空調理によるチャーシューも生ハムチックで最後まで堪能できました。もう一杯食べたいくらい。秋にはまた限定をやるそうなのでちょいと楽しみが増えたな。こんな形で還暦を祝ってもらえまして武田店主には感謝であります。本日も大変おいしく味わい深い一逸品をご馳走様でした。

(もう大変過ぎてしばらくはやりたくないようだ)








by komamono_bun_ya | 2017-04-12 19:58 | ・浜松市東区 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://bunakane.exblog.jp/tb/25690917
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 今日の暦      粗挽きウインナーな朝餉 >>