ぶん屋の抽斗

bunakane.exblog.jp
ブログトップ
2017年 05月 13日

2017ぶん屋の食い倒れ韓国旅行 ホテルビュッフェの朝食と朝散歩

e0220163_17211012.jpg


グランド・インターコンチネンタル・ソウル・パルナス・ホテルの豪華なジュニア・スイーツで目が覚めまして韓国二日目の朝が始まります。しかし無駄に広い部屋だなと辺りを見回して思ったり。いくら寝返りを打っても隣に寝ているはずの女房の存在もわからないほど広いベッドでありました。顔を洗うついでにシャワーで全身洗ってよい目覚め。いざ朝飯ってぇことでもってホテルのビュッフェへ繰り出すことに。











e0220163_17211884.jpg
e0220163_17212491.jpg
e0220163_17212733.jpg
e0220163_17213256.jpg
e0220163_17214609.jpg
e0220163_17214138.jpg


しかし広い食堂だなと。まずは受付でもって部屋の番号を言いますってぇと席へと案内をしてくれる。席がわかればそれぞれに好きなものを取りにレストラン内を徘徊するんですが料理の種類が半端じゃない。おそらくは8ヶ国程度の食事は用意されているんじゃないかと。隣の席の人はドイツ人のようですし、アジア系の方やアラブ系の方やら英語圏の方まで。そりゃ料理の種類もなくちゃだなと。もうね、ありすぎてどれを取っていいのかわからなくなるほど。女房はかわいい女の子のシェフの前でニコニコしながら立ち止まっておりまして、何をしているのかと聞きますれば、オムレツをね、焼いてもらうの。とうれしそう。ま、好みの具を入れてもらって好みの焼き加減で好きなオムレツを焼いてもらうんだもんなうれしいだろうなと。であたしはスンドゥブ(汲み出し豆腐のスープ)を。牛のユッス(ダシ)がしっかり出ておりまして旨味が強いベースに調味料っ本当に薄目でもって上品なスープ。ソーセージやらちょこっとステーキやらを取りまして頂く。どれを食べてもおいしいもの。朝から女房はいろいろおかわりもしておりまして腹もいっぱい。食後のコーヒーもいただきまして満足。

時間を見ればまだ9時前でありまして現地の友人と約束した時間は11時でありますからまだ時間があるなと。ならばってぇことでもって女房とCOEX近辺をちょいと散歩しようじゃないかってぇことに。いったん部屋へ戻りまして外出の身支度を整えて朝の散歩へ。





e0220163_17405700.jpg
e0220163_17410388.jpg
e0220163_17410700.jpg


ホテルを出まして時計回りにCOEX周辺を歩くことに。サムソンドン周辺は週末ってぇこともありまして比較的静かでありましてポンウンサ(報恩寺)は前回もこの前を通ったねなんてね。この前に前回泊まったホテルがあったねなどとそぞろ歩き。で、COEX北側に来ますってぇとCOEXモールの入り口がありまして、何やら手のモニュメントがある。







e0220163_17404516.jpg
e0220163_17412481.jpg


なんだろうと思いまして近くへ行きますれば思いのほか大きくちょいと驚く。





e0220163_17412935.jpg


このサイズだもの。で、なんだか見たことがるような手の形だなと思えば、一世を風靡したK-POP歌手の「サイ」がグラミーを取った「江南スタイル」の時の踊りをかたどったものだなと。周囲を見ますればモニュメントのすぐ近くに「江南スタイル」の説明があったり。ぐるっと回って1時間ちょっとの朝散歩でありました。少し部屋で休みましてホテルロビーで現地の友人が来るのを待つ事に。手持無沙汰でもってホテルの中を巡っておりますればなんとこの日ラウンジでは「苺フェアー」が行われるってぇことでなんだか苺を使ったスイーツが山のように準備されておりました。





e0220163_17413938.jpg


後で知ったんですが、女房はこの光景を見ちゃいなかったようでありまして、苺好きな女房はこれを見ていたら気絶していたんじゃないかなと。お昼はあのクァンジャンシジャン(広蔵市場)へ向かうことに。

(二日目ともなると韓国語も普通に出るようになるのね)









by komamono_bun_ya | 2017-05-13 17:57 | 出張/旅行 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://bunakane.exblog.jp/tb/25770044
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 今日の暦      「浜松注染手拭い展2017」 ... >>