その後の猫風邪(猫ウイルス性鼻気管炎)

e0220163_16160129.jpg


この画像の中に猫は何匹いるでしょうか。なんてクイズをやっている場合じゃありませんが、このベッドの上にはうちのすべての猫がおります。ベッドの中には女房が寝ておりまして、あたしが写真を撮っているので、我が家のすべての生き物がこの寝室にいると。あたしんちは7SLDKあるのにw あ、ちょび太がどこかって? なつ丸の右側、あたしの綿入れの下におりまして、右端にちょいと白いものが見えるんですが、それがちょび太の尻であります。かなりばらけておりますが、一つの布団の上にいるってぇ括りならみんなで初の団子になっていると言ってもいいかな。












えっと、みんな「猫風邪(猫ウイルス性気管炎)」にかかっております。わかりやすく言うならば「猫ヘルペスウイルス」にやられております。くしゃみや鼻水、咳と熱、涙目、嘔吐、食欲不振なんぞが症状であります。これね、チビたちがもって来たやつでありましてみんなに感染しちまった。ただ、ほかのみんなも実は猫ヘルペスウイルスの「キャリア」でありまして、チビたちが引き金になって「出てきた」だけだったりします。野良猫の8割程度は「猫ヘルペスウイルス」を保有しているってぇことでありまして、免疫が低下した時はこいつが出てくると。言葉が悪いんですが、野良猫は生まれたときにはすでに手遅れってぇことになると。

今我が家はまさにそんな状況でありまして、みんながみんなもとをただせば野良猫ですから仕方がないと言えば仕方がない。この「猫ウイルス気管炎」の治療法は「対処療法」のみでありまして、根治はできなかったりします。ただ、抗生物質やら対処療法の薬やらで2週間ほどでいったんは治る。ま、ウイルスが「隠れる」ようなので、症状は改善されたりします。ま、仕方がないです。ずっと付き合っていくしかありませんから。あたしの病気と同じ。

で、大元のチビたちはほぼ症状も改善しまして食欲も出てきた。なつ丸もぼちぼちいいかな。はる姐さんも。ちょび太がまだひどく咳き込む時があって吐いたりするのと食欲が今一つ。ひどいのがふゆ坊でありましてまだ鼻からの呼吸ができなくって自身がパニくってる。その上食欲もなくって時折ひどく吐くんですが、何も食べちゃいないので胃液ばかり。ま、それでも熱はなんとか下がってきたようでして水だけはなんとか飲んでいるようであります。昨日は抗生物質の注射をしてもらいまして電解質輸液の点滴も。皆の症状が改善するまではもうしばらくかかりそうではありますが、ま、少しずつではありますが良くはなっているので様子を見てあげなくっちゃなと。

みんな早く良くなっておくれ。

(我が家は今日も闘病中です)








by komamono_bun_ya | 2017-12-13 16:40 | 愛しの猫たち