カテゴリ:蕎麦( 19 )


2016年 09月 13日

南信州阿智村「三日庵」の蕎麦

e0220163_17504451.jpg
先だって伺った南信州は下伊那郡阿智村の「三日庵(みっかあん)」であります。先代の時の屋号は「末廣庵(すえひろあん)」でして、息子さんに代替わりをいたしまして屋号も替えたそうです。先代の「末廣庵」の時初めて伺ったのが30年前でありまして、以後年に何度となく訪れているいわば贔屓にしているお店であります。







続きを見る

by komamono_bun_ya | 2016-09-13 18:17 | 蕎麦 | Trackback | Comments(0)
2016年 08月 25日

お土産蕎麦もなかなか

e0220163_18183061.jpg
海上がりは家へと戻りまして、ちょいと朝餉をかっ込む。昼寝をいたしまして目が覚めれば昼をとうに回っておりました。で、昼飯は何をいただこうかなと思案をいたしますれば、先だって伺った「馬篭宿」のお土産屋で買い求めた半生の蕎麦があったなと。一応十割でもって香りもいいので早速茹でることに。







続きを見る

by komamono_bun_ya | 2016-08-25 18:24 | 蕎麦 | Trackback | Comments(0)
2016年 08月 18日

南信州 阿智村「三日庵」でいつもの三日蕎麦

e0220163_19352992.jpg

先だって女房の夏休みにちょいと南信州まで蕎麦を手繰りに。国道153号線、通称「三州街道」をひた走りまして、昼神温泉への分帰路すぐ手前にある「三日庵」さんへ。ここはかれこれ30年ほど通っている蕎麦屋でありまして親父さんの代から今は息子さんへと代替わりをいたしまして、店名も以前の「末廣庵」から「三日庵」へと改名をいたしました。なんでも息子さんのお名前が「晶」さんてぇことでもって「三日」としたようであります。






続きを見る

by komamono_bun_ya | 2016-08-18 19:58 | 蕎麦 | Trackback | Comments(0)
2016年 06月 01日

中山道は信州和田宿「蕎麦 徳田」十割手打ちそば

e0220163_18334726.jpg
先だって「美ヶ原高原」へ行ってきたんですが、その帰りに気になるお店を見つけちまいましてちょいと寄っていくことに。「蕎麦 徳田」さんでありまして、十割手打ち蕎麦ってぇことであります。混ぜ物無しの蕎麦粉100%てぇことですな。古民家をリフォームしたお店が重厚感があって趣がある。






続きを見る

by komamono_bun_ya | 2016-06-01 18:50 | 蕎麦 | Trackback | Comments(0)
2016年 01月 24日

阿智村「三日庵」で三日蕎麦と天ぷら

e0220163_17554036.jpg
阿智村は寒原峠を飯田方面へ降りていきますってぇと同じそば屋の「おにひら」を通り過ぎて右側にあるのが「三日庵」であります。親父さんの時は「末廣庵」てぇ名前だったんですが、息子さんに代替わりをいたしまして「三日庵」と名前を変えたようであります。南信州へ来ますってぇとここの蕎麦が楽しみでもって必ず伺う。今日は大寒波の襲来でもってかなりの雪景色、そんなこともありまして車も少なくってお店もがら空き。






続きを見る

by komamono_bun_ya | 2016-01-24 18:11 | 蕎麦 | Trackback | Comments(0)
2015年 11月 18日

南信州は蕎麦の名店「末廣庵」改め「三日庵」

e0220163_18533048.jpg
週末は昼神温泉から妻籠へと向かったんですが、あちらへ行きますってぇと必ず寄るのがここ「三日庵」さんであります。浜松から下道で行きますってぇと国道257号線から153号線へ向かいまして、道沿いにあるスキー場、平谷や治部坂、浪合高原をご存知かと思うんですが、それらを越して飯田へ向かう。途中「寒原峠(さむはらとうげ)」を下っていきますってぇと昼神温泉へと向かう分岐点手前にある峠の茶屋的なお店であります。





続きを見る

by komamono_bun_ya | 2015-11-18 19:16 | 蕎麦 | Trackback | Comments(0)
2015年 08月 26日

蕎麦の戴き物

e0220163_13415394.jpg
家に届き物が参りまして包みを開けますってぇとこれが蕎麦。取り敢えず小躍りをしてみる。蕎麦好きでありまして夏はもちろん雪が降っていたって笊。で、すぐさまいただこうてんで鍋に湯を張る。どうせならと近所で惣菜屋でもって野菜のかき揚げなんざと買いに走る。で、どうせならと親子丼も作ってみる。おっさん忙しい。





続きを見る

by komamono_bun_ya | 2015-08-26 13:49 | 蕎麦 | Trackback | Comments(0)
2015年 07月 05日

旅籠町「木挽町庵」で蕎麦

e0220163_18295220.jpg
雨の日曜日はちょいとのんびりいたしまして午前中は家で女房とグダグダと。さすがに昼近くなりまして腹の虫もなってきたのでどうしようかと。女房は蕎麦がいいってぇことでもってならばチョイと手繰りに行こうじゃねぇかってぇことに。家から傘を差しましててこてこ歩いて旅籠町まで。時間はとうに昼を越えておりまして1時も過ぎる頃ってぇことでもってお客さんもわずか。あたしは笊とカツ丼をお願いいたしまして、女房は天笊を。






続きを見る

by komamono_bun_ya | 2015-07-05 18:47 | 蕎麦 | Trackback | Comments(0)
2014年 10月 02日

新蕎麦かラーメンか

e0220163_18261111.jpg
明日明後日と夫婦で奥飛騨温泉郷へ行ってまいります。温泉宿で飛騨牛を頂きながら地酒でって感じで楽しみであります。で、せっかくあちら方面へ行くので新蕎麦を行きたいなと。ただ、手前の高山ではまだ行けていないラーメン屋さんはたくさんありましてそれも魅力だしな。画像は先だって伺った南信州は阿智村の「末廣庵」さんの蕎麦であります。これがね、旨いんだ。









続きを見る

by komamono_bun_ya | 2014-10-02 18:31 | 蕎麦 | Trackback | Comments(0)
2014年 09月 07日

家天ぷら蕎麦

e0220163_17232719.jpg

海から上がりまして家へと着きますれば女房がウォーキングしたいと。いいじゃねぇか付き合うぞってぇことでもって近所を一時間と少し。帰ってくれば腹も啼きまして昼はどうしようかと。いただいた蕎麦があったからそれをいただこうじゃねぇかってぇことでもって、それならば天麩羅をと近所のマーケットの総菜コーナーへと張り付く。かき揚げがいいやな、ちくわの天麩羅は外せねぇだろうといろいろ買い込む。蕎麦をぱっと茹でまして冷水でぎゅっと締めていただく。川越の老舗蕎麦屋の乾麺はもちっとしておりましてこれがなかなか行ける。あっと言うまに平らげまして蕎麦湯を頂く。これが至福でありますな。楽しみに少しずついただいていたんですが、これで残すは後一袋。楽しんでいただくことにいたします。本日もおいしくいただきましてご馳走様でした。

(打ち立てには敵わないけど美味しかったなぁ)









by komamono_bun_ya | 2014-09-07 17:43 | 蕎麦 | Trackback | Comments(4)