カテゴリ:慶弔道具( 10 )


2013年 10月 23日

伝統色縮緬金封袱紗

e0220163_17181463.jpg


封筒型の金封袱紗であります。お祝い事なんぞの時に渡す心づけを、よもや裸でってぇ方はお見えじゃないでしょうが、金封でもってそのまま渡す方はたまにお見受けいたしますな。しかし、それもあまりお勧めは出来ませんな。やはり儀礼ってぇのは思いを伝えるものですから。こういったものを贈り物にってぇ方がお見えになりまして、なるほどこれはいただけたら嬉しい。大人のプレゼントってぇ感じでしょうかね。実は意外とお手ごろだったりいたします。よろしかったら「komamonoぶん屋」でご検討を。

(お返しに沢山ご入用の向きにはご相談に応じます)

by komamono_bun_ya | 2013-10-23 17:28 | 慶弔道具 | Trackback | Comments(0)
2013年 10月 18日

封筒型の金封袱紗

e0220163_1741569.jpg


遠州緞子の金封袱紗であります。結婚式などのお祝い金や、弔事のお香典を入れる金封を入れておく袱紗でありまして、封筒型になったものであります。台付袱紗や布一枚の袱紗ではバッグの中に入れておくと中でグチャグチャになったりしますが、封筒型なのでしっかりと納まって安心であります。大人になれば礼儀としてひとつは持っていたいものでありますな。ご自分がお使いになるのももちろん、贈り物にしたり、いろいろなお返しにお使いになられると良いんじゃないでしょうかね。詳細は「komamonoぶん屋」までどうぞ。

by komamono_bun_ya | 2013-10-18 17:47 | 慶弔道具 | Trackback | Comments(0)
2013年 06月 15日

名入れ風呂敷

e0220163_1865595.jpg


女房の名入れ風呂敷でありまして、正絹の縮緬三越であります。ご贈答には結構喜ばれるものでして、先様のお名前を入れてお贈りになる方が多くお見えになりますな。中には法事のお返しに使いたいとおっしゃる方もお見えですし、結婚のお祝いとか、はたまたご出産のお祝いでお子様の名を入れてお贈りになる方もお見えであります。物にもよりますが、桐の箱に入れてお名前を入れさせていただいて8千円ほどからご準備させていただいております。お名前を入れていただくのに少しお時間がかかりますが、お問い合わせいただければ幸いであります。この商品もオンラインに載せようか検討中であります。ご意見などありましたらまたお聞かせくださいませ。

(いただいた方はうれしいでしょうな)

by komamono_bun_ya | 2013-06-15 18:12 | 慶弔道具 | Trackback | Comments(0)
2011年 11月 06日

和久田手の金封袱紗と数珠入れ

e0220163_1825271.jpg


今日は女房の部下が結婚式をってぇ事でして、金封袱紗を持って出かけていきました。お祝いの席でありますから、礼に則らなくっちゃいけないってぇのは大人の嗜みでありまして、そんな道具もちゃんと持っておかなくっちゃな。

More

by komamono_bun_ya | 2011-11-06 18:38 | 慶弔道具 | Trackback | Comments(0)
2011年 09月 17日

昇り龍

e0220163_1875256.jpg


昇り龍の柄であります。昇り龍と聞きますってぇと、どうにも背中に背負っているものを想像しちまうんですが、実は格調の高い文様のひとつでありまして、この品は金封袱紗と数珠入れであります。

More

by komamono_bun_ya | 2011-09-17 18:18 | 慶弔道具 | Trackback | Comments(0)
2011年 09月 09日

名物裂「あぜくら」

e0220163_18124515.jpg


この文様は名物裂の中のひとつ「あぜくら」であります。名物裂ってぇのは、その昔遣唐使によってもたらされたものでありまして、法隆寺宝物殿に納められている布の文様のことであります。とりわけ珍重されたものでありまして、現在ではその文様を慶弔道具に使うことが多い。

More

by komamono_bun_ya | 2011-09-09 18:25 | 慶弔道具 | Trackback | Comments(0)
2011年 07月 14日

金封袱紗と数珠入れ

e0220163_18261668.jpg


昨日今日と黒い喪服の方をたくさん見かけますな。浜松は新盆でされる方が多く、この時期は初盆のお宅へと伺うことがありまして、ちょいといろいろと支度をしなくっちゃなんない。

More

by komamono_bun_ya | 2011-07-14 18:32 | 慶弔道具 | Trackback | Comments(0)
2011年 05月 19日

名入れ風呂敷

e0220163_17214628.jpg


「名入れ風呂敷」であります。読んで字の如しでありまして、風呂敷に名前が入っている。風呂敷は物を包むってぇ事で贈る気持ちをも包むものでして、ことさらお祝いやお返しを包むときってぇのは礼儀を尽くしたいものでありますな。名前が入っていることで正式な形となりまして、礼の心を伝えます。

More

by komamono_bun_ya | 2011-05-19 17:32 | 慶弔道具 | Trackback | Comments(0)
2011年 03月 27日

東山緞子

e0220163_18571364.jpg



この柄は「東山緞子(ひがしやまどんす)」ってんです。綾地に小柄な牡丹唐草模様を表したものなんですが、足利義正が明の国に以来をして織らせたなんて言い伝えがあるんです。で、東山殿御物の中に使用した柄だってぇことでこの名前がついたと。言わば名物裂(めいぶつはぎ)であります。

More  続きを読む

by komamono_bun_ya | 2011-03-27 19:09 | 慶弔道具 | Trackback | Comments(0)
2011年 03月 06日

風呂敷に包む気持ち

e0220163_16473091.jpg



寿ぎを包む風呂敷ってぇのは華やかでいいものでありますな。正絹縮緬に描かれた喜びの絵柄が、包んだ物を優雅に見せてくれるものではありますが、やはり贈る気持ちをしっかりと相手の方へと伝えたいものでありますな。

More  続きを読む

by komamono_bun_ya | 2011-03-06 16:55 | 慶弔道具 | Trackback | Comments(0)