カテゴリ:バッグ/袋物( 26 )


2016年 12月 15日

帆前掛けのランチバッグ

e0220163_17524061.jpg

うちの前掛けで作ったランチバッグであります。大きさは20㎝×18.5㎝×9㎝でしてちょいと小ぶり。帆前掛けをつぶして作ったので地は帆布でして頑丈。うちの大きなロゴがちょいと顔をのぞかせているのはご愛敬で。








続きを見る

by komamono_bun_ya | 2016-12-15 18:05 | バッグ/袋物 | Trackback | Comments(0)
2016年 12月 08日

ぐい呑み袋は奈良へ

e0220163_17230066.jpg

長方形の布を四辺合わせた袋を「しあわせ袋」と言いまして昔は米等の穀物を入れていたようであります。ひょんなことからぐい飲みの袋にってぇことでもって一回り小さいものに中綿を入れまして作ることになりました。で、今回は奈良のギャラリー「たちばな」さんからお声がかかりまして、いつものように呉服札を付けましてそちらへ送ることに。ちょいと渋めの出来上がりになりましたが喜んでいただければいいんですがね。もしお近くの方がお見えでしたらぜひ。「たちばな」さん、今般はありがとうございます。時間を作って会期中伺えるようにいたします。








by komamono_bun_ya | 2016-12-08 17:30 | バッグ/袋物 | Trackback | Comments(0)
2016年 11月 01日

呉服札付け

e0220163_17020764.jpg

ここの所女房が詰めて縫い上げた「ぐい呑み袋」であります。陶芸家の方に気に入っていただきましてうれしい悲鳴。
そんな事もありまして今日は朝から「呉服札」を全数付けることに。えっと、柄の名前なんぞを書き込んで結えます。








続きを見る

by komamono_bun_ya | 2016-11-01 17:08 | バッグ/袋物 | Trackback | Comments(0)
2016年 07月 19日

ぐい呑み袋の呉服札付け

e0220163_18175334.jpg

依頼された「ぐい呑み袋」30個が完成しました。女房がコツコツと縫っておりまして、柄合わせも以前のように迷ってはあたしに伺いを立てなくてもできるようになりまして、あたしは手を出さなくてもよくなっちまった。で、唯一あたしが手を出すのが「呉服札付け」であります。柄行の名前を呉服札に書きまして紐に結わえていく。先ほどその作業も無事終わりまして明日には発送いたします。さて、大変お待たせいたしました。商品が到着するまで今しばらくお待ちくださいまし。

(ありがとうございます)






by komamono_bun_ya | 2016-07-19 18:22 | バッグ/袋物 | Trackback | Comments(0)
2016年 07月 10日

一尺籠巾着

e0220163_18201283.jpg
一尺籠巾着であります。半玉(舞妓)さんたちが道具を入れて持ち歩き巾着でありまして、舞扇なんぞが入るように横幅が一尺(30㎝強)あるものでありますな。ま、着替えとか踊りの道具とか入れて持ち歩くものでありましてたっぷり入る籠巾着であります。手前の朱扇はあたしのものでして、この扇も一尺あります。このくらいの大きさがあれば色々物も入って見栄えもいいんじゃないかなと。来週辺りにはネットにも掲載しようかなと思っておりまして、載せましたらまたお知らせいたしまする。

(浴衣でも着物でもなかなかいいなと)






by komamono_bun_ya | 2016-07-10 18:25 | バッグ/袋物 | Trackback | Comments(0)
2016年 04月 10日

制作部長頑張る

e0220163_17324763.jpg
先月から依頼されていた袋ものでありましたが、女房の体調があまりよくなくってなかなか手が付けられなかったんです。が、ここへきて体調も万全でもって「間に合わせます」と一念発起した女房。制作部長としてのきりりとした顔に変わりましてミシンに向かうことに。で、昨日と今日で依頼された分は完成。さすが我がぶん屋の「制作部長」であります。







続きを見る

by komamono_bun_ya | 2016-04-10 17:45 | バッグ/袋物 | Trackback | Comments(0)
2015年 08月 19日

ぐい呑み袋の納品

e0220163_18560306.jpg
熱海の陶芸家の方から発注をいただきまして縫い上げた「ぐい飲み袋(しあわせ袋)」であります。絆纏の余った生地と、古典的な和柄の生地なんぞを交互に合わせまして縫ってあります。こうして見るとなかなかに風情がある。陶芸家の方はこれに自身が拵えた陶器のぐい飲みを入れて販売をしておりまして、これがなかなかに好評だとおっしゃいます。勿論拵えているあたし共もうれしい。とりわけ制作部長(女房)は相当にうれしいようでして、力の入りようが違う。まま、自分のところの物じゃないにしても、こんな袋からぐい飲みが出てくればやはりちょいとそそられるな。嬉し楽しい仕事でありまして、ご注文いつもありがとうございます。

(ぐい呑みをお願いしてあるので出来上がりますればご紹介をば)






by komamono_bun_ya | 2015-08-19 19:02 | バッグ/袋物 | Trackback | Comments(0)
2015年 07月 02日

帆前掛けバッグの微調整

e0220163_17555833.jpg
あたしんちの帆前掛けで拵えたショルダーバッグであります。まだ試作品でありましてこれから使い込んでいい形にしようかなと。サイズ的にはA4番が縦に入る大きさでありまして、フラップのついたバッグであります。ポストマンバッグってぇ奴かな。これの横に広いタイプも考えておりますが、遺憾s年在庫の帆前掛けがなくなっちまいましてこれから発注をかけるところなんです。で、こいつをとにかく定番にしたくってまずはあたしが使い倒してみようと。




続きを見る

by komamono_bun_ya | 2015-07-02 18:07 | バッグ/袋物 | Trackback | Comments(0)
2015年 05月 16日

ぐい呑み袋と呉服札

e0220163_18265276.jpg
熱海の陶芸家の方からの依頼で作った「ぐい飲み袋」でありまして、名前そのまま彼の作るぐい呑みを入れる袋であります。大元は「しあわせ袋」と言いまして、四片の布を合わせて作ってあるのでそんな名前がついております。絆纏のごわっとした生地と、和柄の薄手の生地を組み合わせて拵えておりまして、裏地には遠州木綿を張り込みました。手のひらにすっぽりと入る大きさでもってなかなかに可愛らしい。で、柄行ごとに名前を付けてあたしが呉服札にその名を書き込みました。この袋は彼の展示会でなかなか好評なようでして、すでに依頼は3度目となりました。今回の展示会でもまたまたたくさん出ていきますように。

(通販サイトに載せようかな)






by komamono_bun_ya | 2015-05-16 18:32 | バッグ/袋物 | Trackback | Comments(0)
2015年 02月 26日

ぐい呑み袋

e0220163_19045749.jpg
とあることで知り合った陶芸家の方。あたしんところの「しあわせ袋」をいたく気に入っていただきまして自分の個展で使いたいと。ついてはぐい呑みが入る体の大きさにしちゃくれめぇかってぇ話でありました。お安い御用と胸をたたいたのは制作部長の女房でありまして、まずは10個を送ることに。個展ではお客様からの反応も良かったんだってぇことで急遽追加を頂きましてそれもつい先だってお送りすることに。なんかあたしどもの作った物があたしどもの知らないところで出て行くのはありがたいような不思議なような。陶芸家の方からは次の個展でもお願いしますと嬉しいお言葉。さて、何の柄で拵えましょうかね。

(無地のところは染めた絆纏の裁断後の生地だったり)









by komamono_bun_ya | 2015-02-26 19:09 | バッグ/袋物 | Trackback | Comments(0)