カテゴリ:意匠( 9 )


2017年 01月 03日

女房へのお年賀

e0220163_19182400.jpg
昨日は浜松に用事がありまして帰りにちょいとウインドショッピングも。元来あたしには用事のない「ヘアーアクセサリーショップ」へ立ち寄りまして女房とあれこれ見て回ることに。あたしの商売柄こういった物にはとても興味があるんですが、いい年をしたスキンヘッドのおっさんがこういったところであれこれ商品を触り倒して帰る訳にもいかず、この日は折しも女房と一緒ってぇことでもってこれ幸いにと勉強の一環でもってあれやこれやと手に取ってみたり。で、ちょいと「桔梗」をモチーフにしたようなワイヤーフレームの髪飾りに目が行く。二枚重ねでもってちょいと立体的で「洋」でもあり「和」でもあり。うちの簪と併用にしても使えそうなこともありまして買い求めることに。昨年のクリスマスにはプレゼントもできなかったこともありまして、女房へのお年賀と相成りました。ん。良く似合う。女房もうれしそうでよかったなと。今年もよろしく。

(いろいろとお勉強)







by komamono_bun_ya | 2017-01-03 19:26 | 意匠 | Trackback | Comments(0)
2016年 11月 21日

和の意匠 「いとし藤」

e0220163_18242692.jpg

浅草は老舗の手拭い屋さん「ふじ屋」さんの手ぬぐいでありまして、ここに描かれているのは「いとし藤」であります。ひらがなの「い」の字を縦に十連ねまして芯に同じくひらがなの「し」の字を通して「藤」を現した意匠であります。「愛おしい藤」ってぇことでしょうかね。この意匠は江戸時代からのものでありまして、古典的な意匠で手ぬぐいばかりじゃなくっていろいろなものに使われたり。昨年から体を壊しましてまともに制作活動を行っていないので、年明けからは精力的に制作活動に入ろうかなと。まずは「温故知新」でありますな。

(江戸の意匠は楽しい)







by komamono_bun_ya | 2016-11-21 18:30 | 意匠 | Trackback | Comments(0)
2013年 12月 29日

女房と合作のぽち袋

e0220163_17492010.jpg

家にあった「のし」と書いてあるぽち袋を見ておりまして、「のし」を「飯」に替えたら面白いかなと思って発案した意匠であります。まずは手描きでもって散しの裏へ書いたものを女房がトレースして消しゴムはんこを彫ってくれました。で、紙を切りまして封筒を作り消しゴムはんこを押してみました。千円札を四つ折にした大きさでありまして、小さなぽち袋。










続きを見る

by komamono_bun_ya | 2013-12-29 17:54 | 意匠 | Trackback | Comments(2)
2013年 05月 11日

色の勉強

e0220163_17595323.jpg


さてさて、頼まれたものを考えているんですが、まずは地色から。やっぱり伝統色を使ったほうがね。

(迷うな)

by komamono_bun_ya | 2013-05-11 18:00 | 意匠 | Trackback | Comments(2)
2013年 04月 20日

消しゴムはんこで熨斗の表書き

e0220163_18144420.jpg


女房の姪っ子が初のお祝いをするってぇことでもって、お披露目の手ぬぐいを作ったんですが、あたしのドジでもって熨斗紙に「内祝い」と姪っ子の名を印刷してもらうのを忘れちまった。とっさに思いついたのが「消しゴムはんこ」でありまして、これは女房がインストラクタートレーニングを受けていることもありましてそれで行こうと。で、出来上がったのがこれであります。なかなか手描きチックでいいでしょ。

More

by komamono_bun_ya | 2013-04-20 18:22 | 意匠 | Trackback | Comments(2)
2012年 03月 15日

花尽くし

e0220163_18193910.jpg


春ってぇのは、やはりふわりと軽やかな意匠がいいものでありますな。花輪をあしらった半襟と、花のように淡い色合いの七宝の蜻蛉玉。こんな装いでもって花香る春を行けばなお楽し。

More

by komamono_bun_ya | 2012-03-15 18:26 | 意匠 | Trackback | Comments(0)
2012年 02月 26日

裏梅

e0220163_18232049.jpg


ここの所やっと梅が咲き始めまして目を楽しませてくれておりますな。この白梅は浜北森林公園のものでありまして、蕾が並んできれいでありました。いつ見ましても小粒の花は愛らしくってそれでいて凛とした雰囲気を放っておりますな。向こうにぼやけて写る花は裏を見せておりまして、これもなかなかいい。

More

by komamono_bun_ya | 2012-02-26 18:38 | 意匠 | Trackback | Comments(3)
2012年 01月 12日

源氏香

e0220163_1825355.jpg


なにとはなしに初春の雰囲気を醸す帯揚と蜻蛉玉の簪を選んでみました。蜻蛉玉の簪はちょいと南天の様子が白地にくっきりと施された意匠でもってあたしも気に入っております。帯揚はちょいと暖かな空気感のある地色に、絞りが施されまして源氏香の織柄とともに品のある、すっとした仕上がりになっておりますな。

More

by komamono_bun_ya | 2012-01-12 18:25 | 意匠 | Trackback | Comments(0)
2012年 01月 08日

宝尽くし

e0220163_18384862.jpg


この時期に着るお着物に使われる意匠のひとつに、「宝尽くし」ってぇ文様があるんですが、これは喜ばしい文様として使われますな。いわば吉祥文様のひとつであります。

More

by komamono_bun_ya | 2012-01-08 18:49 | 意匠 | Trackback | Comments(0)