ぶん屋の抽斗

bunakane.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 10月 ( 97 )   > この月の画像一覧


2016年 10月 31日

ステロイドの離脱症状 (備忘録)

e0220163_18264763.jpg

昨日の日の出であります。いつ見ても気持ちの良いものでありまして、早朝に海へ行く目的の一つだったり。昨年、指定難病であるCIDPに罹患しましてなんとか一命をとりとめ海へも復帰できるようになりました。しかしながらまだまだ完全復帰には程遠くって、CIDPの「手足の力が入りにくい」症状はまだある上に、長期にわたるステロイド剤の投薬による副作用とみられる症状と、ステロイドをやめたことによる「離脱症状」が出ております。正直ちょっときつい。







続きを見る

by komamono_bun_ya | 2016-10-31 18:44 | 体のこと | Trackback | Comments(0)
2016年 10月 31日

腹前後/トロ目ながら伸びるレフト

e0220163_18144207.jpg

潮が下げる時間帯を狙って海へ。当初は東のインサイドでやっていたんですが、あっという間にヨレてまとまりがなくなったのでセンターへ。トロ厚いんですが、セットは胸近いうねり。早めのライトと伸びるレフト。そこそこ楽しめましたよ。

(明日もあるかな?)







by komamono_bun_ya | 2016-10-31 18:16 | 波乗り | Trackback | Comments(0)
2016年 10月 31日

今日の暦

e0220163_17110025.jpg

新暦の十月が終わり、旧暦の十月が始まります。









続きを見る

by komamono_bun_ya | 2016-10-31 05:09 | | Trackback | Comments(0)
2016年 10月 30日

そろそろ猫団子な季節

e0220163_16491991.jpg

相変わらず仲のいいはる姐さんとちょび太でありまして、チェストの上にある大きなベッドじゃなくって、シングルのベッドに入り込んでおります。どうも寒い日はぎゅうぎゅうに入っているほうが温かいらしくってこんな、無理矢理な絵面が。えっと、シングルの方は支持ら折の夏用でありまして、そろそろ冬用のもこもこした暖かい奴に替えてあげなくっちゃね。向こうのベッドにはなつ丸が入っているんですが、早くふゆ坊も一緒に猫団子にならないかなと。難しいかな。

(希望は捨てずに持っていようかと)







by komamono_bun_ya | 2016-10-30 16:52 | 愛しの猫たち | Trackback | Comments(0)
2016年 10月 30日

お昼はアラビアータとカルボナーラ

e0220163_14251487.jpg

今日のお昼は女房のリクエストでパスタ2種。安定のアラビアータとここの所の女房お気に入りカルボナーラ。







続きを見る

by komamono_bun_ya | 2016-10-30 14:38 | 家メシ | Trackback | Comments(0)
2016年 10月 30日

海はリハビリステーション

e0220163_13591528.jpg

昨日は夜明け前に海へ向かいまして東雲(しののめ)から朝日を拝むことが出来ました。早朝はストレートに入るうねりのサイズが頭半、通常のセットが頭。ボヨついてピークがわかりにくくって難しい波。何本かは乗れたんですが体調は今一つでもって下半身の力が入りにくいのと体中の関節が痛くって思うように体を動かせなかったり。それでも「リハビリの一環」と思えば苦しくていやな思いをすることもなくトレーニングになるかなと。高齢の方がリハビリをするのを嫌がるのはよくわかるし、漫然とジムで体を動かすのは苦痛ですもんね。自分は「サーフィン」というものがあって本当によかったなと。調子のいい時もあればそうじゃないときもあるのは当たり前ですからできるだけ楽しんでリハビリをしようと。来年の夏にはバリバリに乗れるようになれるといいな。晩秋の早朝は少し冬の顔を覗かせる海。きりっとした空気が好きだったりします。

(ボトルに熱いコーヒーを淹れる季節)







by komamono_bun_ya | 2016-10-30 14:07 | 波乗り | Trackback | Comments(0)
2016年 10月 30日

二日酔いな朝餉

e0220163_09494975.jpg

「食べられますか?」

「ああ、飯と味噌汁があればいいや」







続きを見る

by komamono_bun_ya | 2016-10-30 09:59 | 朝餉の風景 | Trackback | Comments(0)
2016年 10月 30日

今日の暦

e0220163_09310524.jpg

晩秋の東雲。







続きを見る

by komamono_bun_ya | 2016-10-30 09:38 | | Trackback | Comments(4)
2016年 10月 29日

今日の暦

e0220163_19445196.jpg
水きりりと清く。







続きを見る

by komamono_bun_ya | 2016-10-29 05:43 | | Trackback | Comments(2)
2016年 10月 28日

5fin Bonzer First impression

e0220163_19221559.jpg

今日は波も腹前後でもってトロイ目だったので小波用のボードでやろうかなとも思ったんですが、パドリングのフィーリングとかテイクオフのフィーリングとかもちょっと感じてみたいなと思いまして「5フィン・ボンザー」を乗ってみることに。正直バフアップのボードなので重さもありましてフィンも増えると動きも緩慢になるかなとも思ったんですが、それでも小さなやつもやってみないとなと。で、まず驚いたのがパドリングが軽い。え? これ俺のAXか? と。すいすい進むのね。で、重さのあるボードなので、いつも初速が付きにくくて不意に入るうねりに合わせて乗ろうとすればボードが置いていかれてレイトになるんですが全くそんなことはなく反応も良くなった。で、テイクオフからすぐにトップをアップスンできまして、ボトムターンも「引っかかり」を使ったものではなくシングルフィンの特徴である弧を描くターンができる。ま、体がまだまだ元には戻っていないのでいろいろなことが出来る訳じゃないんですが、これは面白い。もっとも、ボトムのテールにはソフトボンザーのコーンケーブを掘ってあるので、フィンシステムをボンザーにしたことで性能が遺憾なく発揮されたんだろうんと。ボンザーのサイドフィンは片側に二枚ありまして高さはさほどになく抵抗も少ないようですが前に設置されるフィンは結構目にあるのでおそらくは直進性を助けてパドリングが早くなったんだろうと。その上ターンするときにはいち早く舵を切り始めてボードの回転性を助け、メインのシングルフィンがしっかりとフェイスをとらえるので安定性もある。ボードのスイングウエイトが半分になったと思うほどの軽さ。乗ったフィーリングはすごくよく動いてスピンアウトしないシングルって感じ。フィンが「舵」だけではなくって「整流版」のような役目をしてるんだなと。これはちょっと驚いた。サイズが上がった時やさらにサイズの小さなときとかどんなんかなと期待も膨らむ。もう少し乗り込んでからまた感想を書いてみようかなと。

(海へ行きたくなるボード)     







by komamono_bun_ya | 2016-10-28 19:38 | ・波乗りの道具 | Trackback | Comments(0)