ぶん屋の抽斗

bunakane.exblog.jp
ブログトップ

タグ:四谷の千枚田 ( 39 ) タグの人気記事


2017年 05月 23日

今日の暦

e0220163_19255100.jpg


次の週末には女房を連れて行かなくちゃだ。








続きを見る

by komamono_bun_ya | 2017-05-23 04:23 | | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 18日

早苗な棚田


e0220163_19073998.jpg


波はないし怪我もしてるしってぇことでもってなんだかくさくさしておりましたが、ちょいと頭の中をある場所がよぎりまして消せない。棚田が好きなのね。で、家の周りも田んぼなんだけど、やっぱり気になるのね。で、行っちゃおうってぇことでもって愛知県は新城市はの四谷地区の千枚田へ。








続きを見る

by komamono_bun_ya | 2017-05-18 19:15 | ご近所探訪 | Trackback | Comments(0)
2016年 05月 25日

今日の暦

e0220163_19084795.jpg

四谷の千枚田でお見かけした方でありまして、あたしんちの庭にもよくおられます。先月の終わり辺りから甘上がりの夜にはよく泣いておりまして、田んぼに水が入った辺りから大合唱になってきましたよ。梅雨を目前にいたしまして雨乞いの鳴き声のようになっておりますな。潤いの季節ももうすぐそこであります。七十二候は第二十三候「紅花栄(べにはなさく)」を迎えました。紅花は染料として使われておりまして、化粧にも使っていたようでありますな。ちょいととげのある花だそうでして、摘み取るときにはちくりと棘の刺さるのを我慢しながら摘んだようであります。






More

by komamono_bun_ya | 2016-05-25 04:07 | | Trackback | Comments(0)
2016年 05月 24日

今日の暦

e0220163_17290733.jpg
田植えは盛りの時期になりましたな。水が張られた水田に早苗の植わっている姿てぇのはいいものであります。特に棚田を見るのが好きでしてあちらこちらへ行くんですが、今年はまだ四谷しか見に行っちゃいません。早いとこあちこち見に行かなくっちゃでありますな。






続きを見る

by komamono_bun_ya | 2016-05-24 04:27 | | Trackback | Comments(0)
2016年 05月 16日

今日の暦

e0220163_18380672.jpg

昨日伺った愛知県は新城市、鳳来町四谷の千枚田であります。棚田に水が入りまして早苗も。まさに日本の原風景であります。夫婦で田圃が好きでして、もちろん棚田も。これから稲の成長を見にちょくちょく伺わなくっちゃなと。眺めて飽きもせず。






続きを見る

by komamono_bun_ya | 2016-05-16 04:37 | | Trackback | Comments(0)
2015年 07月 30日

今日の暦

e0220163_10330754.jpg
連日夏真っ盛りの太陽でありましてさすがにちょいとバテ気味であります。緑はその色をさらに濃くいたしまして実りの秋へ向け育っておりますな。稲ってぇのは生長の早いものでありまして、そろそろ花が咲くころかなと。大抵の作物は花が咲いてそれが散って実になる。人もそうかななんてね。目立つ花よりもしっかりとした実を結ばなくちゃと思う今日この頃であります。





続きを見る

by komamono_bun_ya | 2015-07-30 10:43 | | Trackback | Comments(0)
2015年 07月 25日

今日の暦

e0220163_19213834.jpg

盛夏の四谷は千枚田であります。鞍掛山のふもとに広がる広大な棚田は見る者を圧倒いたしますな。これだけの棚田を管理して守ってきたってぇのもすごいなと。一度は大きな土砂災害もあって犠牲になった方々もお見えになったとか、しかし、そこから復旧をし、今に至っているとのことであります。稲も育ちまして風が吹き抜ければ大きく緑がうねる。「風を見に行く」のも楽しいものであります。






続きを見る

by komamono_bun_ya | 2015-07-25 05:20 | | Trackback | Comments(0)
2015年 05月 28日

今日の暦

e0220163_18581632.jpg
週末に伺った四谷の千枚田であります。棚田ってぇのはなぜか心惹かれるものがありまして好きなんです。浜松にも久留女木の棚田がありましてもうそろそろ水が引かれて田植えも始まっているんじゃねぇかなと。しばらく伺っちゃおりませんのでまた行ってみようかなと。しかし田んぼってぇのは眺めていて飽きない。きれいな景色だなと思いますな。もちろん、お米を作る農家の方々の新郎や苦労、手間はいかばかりかと思いますが。もっとも、だからこそ美しいのかも。






続きを見る

by komamono_bun_ya | 2015-05-28 04:56 | | Trackback | Comments(0)
2015年 05月 20日

水が引かれた千枚田

e0220163_18341893.jpg

今日はちょいと息抜きがてらドライブへ。お隣愛知県は新城市の四谷の千枚田まで伺ってまいりまして、田んぼの具合がどうかなと。水が引かれまして小さな苗がびっしりと植えられておりましてこれから伺う度の生育が楽しみだなと。田んぼってぇのは不思議なものでして、なぜだか眺めていて気持ちが和む。冬の間の土が見えている田んぼも嫌いじゃないんですが、やはり水が引かれますってぇといいものでありますな。小さな苗が植えられておりますればそれもなんだかうれしい気持ちになりますし、収穫までの変化がまた楽しい。






続きを見る

by komamono_bun_ya | 2015-05-20 18:44 | 浜松とその周辺 | Trackback | Comments(0)
2014年 06月 26日

今日の暦

e0220163_17313185.jpg

今日からはお店を開ける「営業日」になるんですが、今週の営業日が終われば半年が終わっちまう。なんだか早いものだなと。自営業ってぇのはいつも働いてるような遊んでいるようなであまりその境界がないものでありまして、ましてやあたし一人でやっておりますので店を開ければ動きが取れない。と言っても店を開けなくっちゃお客さんが来ない、つまりモノが売れないと。とは言え打ち合わせをしたり仕入れたり意匠を考えたりしなければモノは作れない。ま、お店は月、火、水とお休みにはしているんですが、その間は打ち合わせをしたり仕入れたりぼーっと意匠を考えたりと忙しいようなそうでないような。ま、いやで言っている訳でも何でもないんですが、自由のような不便のような。ま、そんな風にして時間は流れてまいります。今日からは営業日ですから、店でボーっとしていようかなと。さてさて、二十四節気は「夏至」でありまして七十二候は次候の「菖蒲華(あやめはなさく)」を迎えます。菖蒲が咲けば梅雨の知らせってぇことでしょうかね。旬のものとすれば魚はカンパチに野菜は茗荷ってぇところでしょうかね。旬のものを味わいましょう。季節を頂くってぇことはいちばん贅沢なことなんじゃねぇかなと。









続きを見る

by komamono_bun_ya | 2014-06-26 04:28 | | Trackback | Comments(0)