ぶん屋の抽斗

bunakane.exblog.jp
ブログトップ

タグ:総裏 ( 1 ) タグの人気記事


2017年 05月 15日

遠州縞総裏の絆纏

e0220163_19014745.jpg


浜松の最も大きな年間行事である「凧(浜松まつり)」も無事終えましたな。来年こそはなんとか復帰した員と目論んでおります。えっと、絆纏は請け負っておりまして今年も注文をいただき無事納品もさせていただきました。どうもこの、発注をいただいた方々は祭りの前にご自身の絆纏を他人に見られるのを嫌がりましてここでも記事にあげることができなかったりしますな。ま、本番にお披露目をてぇことでそれまでは内緒でてぇことなんでしょう。っま、それはそれで大事に思ってくれているあかしとしてこちらも受け取っております。

こちらの絆纏は別段隠すとかそういったことじゃありませんが、「総裏で誂えてほしい」てぇことでありまして裏地はあたしの独断で「遠州縞」を使うことにいたしました。「遠州縞」は織物の町浜松の昔ながらの木綿生地でありまして伝統的な織物であります。せっかく地元浜松なんだからてぇことでもって使わせていただきましたが、これがとても喜んでいただいた。「凧」の準備期間は結構長くって、「凧」の製作は3月辺りから始まりますし、お囃子やラッパの練習も同じ頃には始まったり致します。この時期はまだ寒さが残っておりまして暖かい恰好がいい。絆纏は本来「肩当」と「袖裏」にしか裏地をつけないんですが、すべて裏をつけるのを「総裏」と言いまして着物でいうところの「袷(あわせ)」てぇことに。絆纏の裏がちらりと見えまして大きな青の縞が入ってる様はなかなか粋だなと。中にワタを入れますれば「綿入れ絆纏」てなことになりますな。あたしも一枚総裏でも作ろうかなと。

(裏地でお洒落するのもなかなか)








by komamono_bun_ya | 2017-05-15 19:15 | 絆纏 | Trackback | Comments(0)