ぶん屋の抽斗

bunakane.exblog.jp
ブログトップ

タグ:遠州縞 ( 18 ) タグの人気記事


2017年 05月 15日

遠州縞総裏の絆纏

e0220163_19014745.jpg


浜松の最も大きな年間行事である「凧(浜松まつり)」も無事終えましたな。来年こそはなんとか復帰した員と目論んでおります。えっと、絆纏は請け負っておりまして今年も注文をいただき無事納品もさせていただきました。どうもこの、発注をいただいた方々は祭りの前にご自身の絆纏を他人に見られるのを嫌がりましてここでも記事にあげることができなかったりしますな。ま、本番にお披露目をてぇことでそれまでは内緒でてぇことなんでしょう。っま、それはそれで大事に思ってくれているあかしとしてこちらも受け取っております。

こちらの絆纏は別段隠すとかそういったことじゃありませんが、「総裏で誂えてほしい」てぇことでありまして裏地はあたしの独断で「遠州縞」を使うことにいたしました。「遠州縞」は織物の町浜松の昔ながらの木綿生地でありまして伝統的な織物であります。せっかく地元浜松なんだからてぇことでもって使わせていただきましたが、これがとても喜んでいただいた。「凧」の準備期間は結構長くって、「凧」の製作は3月辺りから始まりますし、お囃子やラッパの練習も同じ頃には始まったり致します。この時期はまだ寒さが残っておりまして暖かい恰好がいい。絆纏は本来「肩当」と「袖裏」にしか裏地をつけないんですが、すべて裏をつけるのを「総裏」と言いまして着物でいうところの「袷(あわせ)」てぇことに。絆纏の裏がちらりと見えまして大きな青の縞が入ってる様はなかなか粋だなと。中にワタを入れますれば「綿入れ絆纏」てなことになりますな。あたしも一枚総裏でも作ろうかなと。

(裏地でお洒落するのもなかなか)








by komamono_bun_ya | 2017-05-15 19:15 | 絆纏 | Trackback | Comments(0)
2014年 02月 21日

女物い草三度草履

e0220163_18151523.jpg
祭りは何も男だけのものじゃありませんでして、お祭好きな女子もかなり増えましたな。中にはちゃんと仕事をもっている方もお見えでして、ま、うちの女房も祭りの間は太鼓を持って三日間頑張っております。そんな足元にはお洒落でもって長くはいても疲れない三度草履であります。表には井草を使っておりまして、底にはウレタンでクッションがいい。鼻緒は浜松のもので「遠州縞」を挿げてありましてちょいと履いていても鼻が高くなること請け合いであります。「komamonoぶん屋」でチェックしてくださいまし。











by komamono_bun_ya | 2014-02-21 18:20 | 履物 | Trackback | Comments(0)
2014年 02月 07日

足元も春支度

e0220163_18344439.jpeg
明日は今季一番の寒気団が通るなんてぇことを行っておりますが、これが過ぎちまえば少し春っぽくなるんでしょうかね。あたしんところはちょいと気の早い連中が祭りの装束を品定めに集まってくる時期でありまして、三月も近づきますればみんな浮き足立ってまいりますな。夜の禰里はちょいと距離も歩きましてなかなかに足が痛くなるものでありますな。で、クッションのいい「三度草履」ってぇことになりまして、鼻緒が地元の遠州島で挿げてある。見栄えもよくって楽だってぇことになれば、まま、人気もある履物であります。祭り装束にもいいんですが、普段着物にもぜひってぇ代物でありまして、ぜひ「komamonoぶん屋」でご用命の程を。皆様のお越しをお待ち申し上げております。











by komamono_bun_ya | 2014-02-07 18:39 | 履物 | Trackback | Comments(0)
2013年 11月 22日

遠州縞の入荷

e0220163_17261190.jpg

新柄の遠州縞が入荷してまいりました。これは着物にしたならばなかなか良いんじゃないかってぇのをあたしの目で選りすぐってまいりました。実店舗販売のみになりますが、よろしかったら週末にでも遊びによってくださいまし。これから初めてのきものってぇかたには特にお勧めの反物であります。

(木綿の着物はね着やすいんだな)








by komamono_bun_ya | 2013-11-22 17:28 | 反物 | Trackback | Comments(0)
2013年 11月 08日

赤い遠州縞の鼻緒

e0220163_17512587.jpeg
真夏のそれとは変わりまして、ちょいと寒いくらいのほうがお洒落は楽しいものでありますな。あたしの地元遠州島でもって挿げた鼻緒はなかなかに可愛らしくって、普段着物の足元にはよく似合うんじゃないかなと。もちろん男性も然りでありまして、カジュアルに歩きやすい足元でもって闊歩すればまたそれも楽しいものであります。「komamonoぶん屋」で取り扱っておりますのでよろしくどうぞ。









by komamono_bun_ya | 2013-11-08 17:56 | 履物 | Trackback | Comments(0)
2013年 04月 04日

女物い草表三度草履

e0220163_163925.jpg


い草表斧三度草履でありまして、鼻緒には遠州縞を挿げたものであります。これは赤くってちょいと細い縞でして可愛らしいつくりになりますな。当たり前の話ではありますが鼻緒が変わりますってぇとぐっと印象も変わりまして、可愛らしい女の子らしい感じになりますな。まだアイテムは5点しか表示しておりませんが、こちらの「ぶん屋オンラインストア」でご紹介申し上げておりますので、見ていただきまして、お気に召せばお買い上げいただければなと。先週とは商品も変えましての展示であります。お店のほうも年度が明けまして営業しておりますれば、たくさんの方においで頂きたいなと。

(お待ち申し上げております)

by komamono_bun_ya | 2013-04-04 16:46 | 履物 | Trackback | Comments(0)
2013年 03月 10日

藺草(イグサ)の三度も上ってきました

e0220163_18462881.jpg


イグサの三度が今日届きました。アメ底でもって滑りにくくってクッションも良い。で、せっかく拵えるんならと鼻緒は遠州縞をはめることにいたしました。鼻緒は全部で5種類から選んでいただけます。男性女性と揃っておりまして、順次こちらでご紹介させていただきます。遠州縞の鼻緒ががなかなか良い出来だなと自画自賛であります。是非店頭でご覧になってくださいまし。

(これは人気が出そう)

by komamono_bun_ya | 2013-03-10 18:50 | 履物 | Trackback | Comments(0)
2013年 02月 22日

遠州縞でちょいとものづくり

e0220163_19411647.jpg


あたし共の地元、遠州地方に昔から伝わる「遠州縞」であります。ま、川越唐桟に似てはおりますが、配色の仕方が独特でもってなかなかに味がある。あたしはこいつを着物に仕立てまして楽しんでいるんですが、中にはこれをシャツに仕立てたり、ハンチングに仕立てたりする方々もたくさんおられまして、いろいろと楽しんでおられます。で、あたしもこいつでもってちょいとオリジナルをと画策しておりますが、ままただいま準備をしておりますれば仕上げをごろうじろってぇところであります。さて何ができますやらお楽しみに。

(一月ほどでできるかなと)

by komamono_bun_ya | 2013-02-22 19:47 | 反物 | Trackback | Comments(0)
2012年 11月 22日

遠州縞に柘植の簪

e0220163_1751199.jpg


昔から地場の織物として全国に名を馳せた「遠州木綿」であります。綿を織っていた地域ってぇのは結構ありまして、会津木綿や伊勢木綿なんてぇのもありますな。遠州木綿は紬のものと縞のものがありまして、特に縞模様のものを「遠州縞」と言いまして、今でも京都やお江戸では珍重されておりますな。

More

by komamono_bun_ya | 2012-11-22 18:02 | 反物 | Trackback | Comments(0)
2012年 06月 22日

遠州縞と花七宝

e0220163_1855524.jpg


涼やかな取り合わせでありますな。気なりを地色にした遠州縞でありまして、細い縞がさらりと爽やかであります。これに緑の黒髪に淡い色の蜻蛉玉の簪。全体的に明るい色目と、髪に挿した明るい色の簪がハイライトになる。こんな様子でもって颯爽と町を行く姿を見ただけで、見ているほうが涼を感じますな。

More

by komamono_bun_ya | 2012-06-22 19:02 | 蜻蛉球 | Trackback | Comments(2)