「豚猿」でシンプルな塩、餃子がテッパン

e0220163_1657474.jpg


今日は女房のリクエストで、中野町は旧東海道沿いの「豚猿」さんへ伺いまして、シンプル・イズ・ベストな塩ラーメンを頂くことにいたしました。しかしここは伺うたびに味がこなれて良くなっていきますな。







e0220163_16594214.jpg


豚ガラ優勢の動物系オンリーのダシがマイルドで持って力がある。塩ダレはちょいとたち気味でして、好みで言えばもう少しマイルドになれば言うことはないんですが、それでも及第点は軽く超えておりまして、なんにしてもデフォルトで頼めば500円のワンコインラーメンであります。コストパフォーマンスの高さは言うまでもない。






e0220163_1715053.jpg


この厚切りの大判チャーシューも魅力でありまして、女房は脂っこいものが苦手なんです。入ってくるチャーシューは大抵あたしに寄贈されるんですが、何点かのチャーシューは美味しいといって食べるんです。ここ「豚猿」さんのチャーシューも女房の口にはよく合うようでして、肉の旨みが抜群な上に、脂っこくなくって美味しくいただけると。あたしはチャーシューの寄贈が受けられなくってちょいと残念ではありますが、チャーシューだけで販売もしておりますので、これは買って帰って酒のつまみに。あはは。






e0220163_1751245.jpg


で、ここの餃子はテッパンであります。キャベツの旨みと歯ざわり。肉汁の旨みと薄味の味付け、焼き加減の良さと歯ざわり。あっさりしているんですが、味わいがよくっていくらでも食べられる。さすがに初代「餃王子」の座を射止めただけの事はありますな。豚ガラ優勢の遠州系ラーメンと浜松餃子がここでは一緒にいただける。本日も美味しくいただきましてご馳走様でした。

(餃子で一杯ってぇのがね、いいね)
by komamono_bun_ya | 2012-04-01 17:09 | ・浜松市東区 | Comments(0)