金谷の「めん奏心」さんで裏メニュー

e0220163_17292976.jpg


今日はここのところ気になっているメニューを食べたくって、金谷の「めん奏心」さんまで行ってきました。えーっと、一応裏メニューとは言っておりますが、自販機に書いていないだけでもって「丸鶏の醤油つけ麺」てぇヤツなんですが、自販機にある「醤油つけ麺」を買いまして、「丸鶏」でと言えばつくってくれます。







e0220163_17322820.jpg「めん奏心さん」へは、一号線バイパスの金谷インターでおりまして、南へ走り、橋を越えまして、セブンイレブンのある大きな較差店を越え、最初の路地を左(東)へ。また最初の角を左(北)へ曲がりますってぇと突き当たり右にあるんですが、ちょいとわかりにくい。とは言え、あたしが開店5分前についたときには先客が1名おりまして、あたしの後にも4組が来ましたからやはり人気が高いんだなと。化学調味料を使わずに、地産地消をモットーにしたラーメン屋さんでもって研究熱心。麺も自家製麺と来ればなかなかやる気十分でありまして、ちょいと注目をしております。で、今回の丸鶏のスープってぇのが気になる。あたし自信も丸鶏はよく炊きますからどんな具合かなと。







e0220163_17372217.jpg


ま、四の五の言うよりも食してみなくっちゃわからない。麺はスープが絡みやすいように細麺がデフォルトのようでしてそのままをお願いいたしました。#24番辺りかな。結構細い麺なんですが、小麦のよい香りが鼻腔へ抜ける。で、絡んだスープの丸鶏のダシが一緒に抜けていく。鶏ガラだけのダシは単調で面白くないんですが、丸鶏となれば話は別でありまして、ふくよかな動物系のダシにリノール酸の酸味がほのかに出る。これはね、あたしが良く作る韓国料理のワカメスープ他にならない。醤油のかえしはつけ麺てぇこともありまして、濃い目ではありますが、角切りにして入れたチャーシューの脂身がほのかに甘くってバランスがいい。麺を頂いちまった後はスープ割をお願いしたんですが、最後の一滴までじわりと嬉しい味わいでありました。これね、チャーシューの替わりに、丸鳥をさばいて笹身をほぐして入れたらうまいだろうなと。しかし、かなりのレベルの高さに満足でありました。本日も美味しくいただきましてご馳走様でした。

(満喫しました)
by komamono_bun_ya | 2012-10-18 17:44 | ・浜松市外