「山彦」で限定にぼつけ

e0220163_18002235.jpg
今日は14日でありまして、「煮干の日」であります。2月14日はバレンタインデーなんですが、「214(に棒し)」の日でもありまして、金谷のめん奏心さんが呼びかけて中部の迷店会がclub214(くらぶにぼし)なんてぇ会を発足させたんです。それで、毎月14日は煮干のダシで取ったラーメンを提供しようじゃないかと。浜松ではこの「山彦」さんが最初に賛同をしまして月に一回14日に煮干のつけ麺を出しております。











e0220163_18003442.jpg
e0220163_18004714.jpg
e0220163_18010016.jpg
「山彦」さんでは通常の豚ガラと鶏ガラの動物系のダシをベースにしましてそれに煮干を合わせております。その比率が6:4でベースが勝っているんですが、今日からは「極ニボつけ麺」を出しておりまして比率は3:7で煮干を強くしてあると。スープは煮干特有のシルバーにちょいと緑がかかった色合いでもってかなり期待できそうだなと。で、いただきますってぇとまさに「煮干」でありまして、こうでなくっちゃな。ベースの深みも残しつつしっかりとした煮干の風味が「浅草開花楼」の麺によくフィットしております。なんならこれをデフォにしまして煮干9のベース1でも良いかななんてぇことを思いました。いずれにいたしましても研究熱心な店主でありまして、これからもちょいと期待の出来る限定になりそうでありますな。本日も美味しくいただきましてごちそうさまでした。

(煮干にはうるさい奴がいるんだなこれがw)








by komamono_bun_ya | 2013-12-14 18:10 | ・浜松市東区 | Comments(0)