野沢菜と炒り卵の混ぜ込み的な朝餉

e0220163_08342474.jpg
「卵はどうしますか?」

「お、何でもいいよ」








予想はしていたもののそれを越えた暴風の音で目が覚めましてこりゃ海はダメだななんてね。昨日の予報では東風が5m程度ってぇことになっていたんですが、南岸低気圧が発達しながら北上ってぇことになればそんなもんじゃねぇだろうなとは思っていたんですがね。すさまじい風。メールからは浜松の辺りの海じゃ板を持って歩くのも無理だってぇことでもってみんな撤収だと。こりゃ今日はちょいとのんびりしましょうかねってぇことでもってまずは朝餉を。昨日のうちにダシは使っちまいまして引くのを忘れてダシの元の味噌汁。華やかなんだけど薄っぺらくなるんだよな。今日は出汁を引かなくちゃな。女房の拵える炒り卵も随分腕を上げましてころころと綺麗に炒られている。野沢菜と炒り卵を玄米ご飯に載せましておもむろにかき回す。海苔でもって包んでいただきますってぇと香ばしい玄米の味に卵の風味と野沢菜のシャキッとした歯触りがなかなかいい。重たい雲に覆われて暗い表をふゆ坊が凝視しておりまして揺れる電線でも見ているのかなと。今日は猫たちもどこかへもぐりこんでいるようで静かであります。東京は雪なんだと。午後からはウルトラ西風に替るんだろうな。しばらく海はダメだね。体を休ませるのも大事。今朝もおいしい朝餉をありがとう。

(珈琲もいいけど白湯もいいよ)





by komamono_bun_ya | 2016-01-18 08:45 | 朝餉の風景 | Comments(0)