掛川「ジェット家」でチャーシューメン味玉

e0220163_15500911.jpg
今日はちょい遅めのお昼を掛川で。そのディープなスタイルでこの頃人気の「ジェット家」さんでありまして、横浜家系はまこと屋系列の寡黙な店主が切り盛りするお店であります。2時少し前の入店でありまして、それでも駐車場は1台が空いているのみ。しかも店内からぞろぞろと学生が8名ほど出てきた。ラッキーだったな。すぐさま空いた席へ陣取りますってぇと音もなく店主が目の前に現れて無言であたしの顔を見て立ちすくんでおります。








e0220163_15501327.jpg
e0220163_15501711.jpg
じっとあたしの顔を見る店主は注文を取ろうとしているんです。チャーシュー麺、麺固め味薄め、油少なめで。復唱して寸胴の前へと戻りおもむろに麺をほぐしだす。携帯の電波もあまりよくなくって店主の動きを目で追いかけながらしばし待つことに。ラーメンを待っている誰もが無言で店主の動きを目で追っておりまして、これが何ともディープな雰囲気を醸し出しますな。8人前を一気に作りましてチャーシュー麺の、ほうれん草のトッピングの、ネギ増しの味玉のせのってぇラーメンの種類やら、麺の硬さや味の濃さ、油の多さなんぞも含めてメモも取らないし、それぞれのラーメンがそれぞれのお客さんのところへきっちり運ばれていきます。こういうところを見ても家系だなと。全部覚えてるんだよな。酒井製麺の短切り太麺はごわっとしておりまして、豚出汁のスープと鶏油をまとってやってくる。薄目でお願いをしてもあたしにしてみればまだ濃い目。今度はかえしを半分てぇ言い方にしてみようかなとも。チャーシューは煮豚でありましてぱさっとしているんですが鶏油との相性でちょうどいいかも。海苔とほうれん草でもって麺を包んでいただく。年とともに脂と塩っ気に弱くなってるなと思いつつも完食。そうこうしているうちに学生たちの第二弾がやってまいりまして壁際に立って並んでる。若いうちは味濃い目脂多めでいっとけ。重いと思いつつもついつい食べたくなる家系でありまして、本日もガツンといただきましてご馳走様でした。

(引きも切らない人気店)







by komamono_bun_ya | 2016-01-29 16:03 | ・掛川市 | Comments(0)