新明町「sonogo no kakeru」で豚辛

e0220163_16525114.jpg


昨日はちょいと浜松の街中に野暮用がありまして、女房とドライブがてら行ってきたり。で、3月頃から開店している「肴町Little」の施設内にある「sonogo no kakeru」さんへやっと顔を出すことができた。ここは新明町にありましてゆりの木通り沿いの清水銀行の西側、メンズキャッスルアーサーさんの北側路地を西へ入るとある屋台スペースであります。











e0220163_16525559.jpg
e0220163_16525906.jpg
e0220163_16530421.jpg
e0220163_16530876.jpg
e0220163_16531247.jpg


鉄骨を組んだ結構しっかりした屋台でありまして入口のビニールカーテンを押し広げて入りますってぇと一番奥まったところに「でっかい兄ちゃん」がおります。久しぶりの再会でもって挨拶をかわしまして、さて、何にするべと悩んでおりますれば「豚辛ありますよ」と。ならばってぇことで久しぶりの豚辛をばお願いすることに。女房は中華そばを。思い起こせば2014年に幸町でもって「麺食い kakeru」てぇ屋号でもってその味の良さで話題になったんですが、全オーナーの失態でもって店がなくなっちまった。「でっかい兄ちゃん」もかなり苦労をしたようですがなんとかここで営業を始めることができたようであります。世間話に花が咲きつつも手際よく調理を進めまして器が提供される。

まずはビジュアルがあの「真っ赤な豚骨白湯」でありましてなんだか懐かしい。これは「豚骨赤湯」と言った方がいいんじゃないかなとw で、まずは麺をひっぱりあげまして啜りこむ。噛めば押し返してくるようなパツンとした旨味のある麺に絡んでくるスープは、以前よりもブラッシュアップした豚骨の濃度がかなり来ている。拳骨に豚足、鶏ガラと手羽だと。で、辛味もなかなか上級者向けw 白湯スープは粘度も濃度も濃厚でありまして旨味も強い。「動物食ってるぞ!」系のスープなんですが、辛味がその重さを解消してくれたり。えっと、辛味が苦手な人は辛さ少なめと言って注文してください。チャーシューも、鶏胸、豚ロースとバラ肉の三本立てでありましてそのどれもが下拵えよく出来がいい。女房の「中華そば」もちょいと味見したんですが、相変わらず丁寧でもってバランスがいい。早いとこ居ぬきの店舗が見つかればいいんですがね。ま、なんにしてもしばらくはここで頑張って行かなくっちゃってぇところかな。何かが突出しているんじゃなくってすべてが協力し合って作られている味でありますな。とてもおいしく頂きましてご馳走さまでした。

(ちょくちょく行きたい味)








by komamono_bun_ya | 2018-04-18 17:16 | ・浜松市中区