中野町「豚猿」でもやし塩チャーシュー麺と餃子

e0220163_14185668.jpg


ちょいと前になりますが、女房のリクエストでもって中野町は旧東海道沿いにある「豚猿」さんへ伺ってまいりました。以前中沢町は柳通り沿い、現在の「金華楼」のある所に「孫悟空」ってぇラーメンと餃子の名店があったんですが、そこで修業をした方が浜北で同名の「孫悟空」てぇお店を出しまして、その二店舗で修業をしたのが「豚猿」の大将でありまして元祖孫悟空の孫弟子ってぇことであります。











e0220163_14193167.jpg



e0220163_14190626.jpg



e0220163_14192044.jpg



e0220163_14191603.jpg



e0220163_14192476.jpg


女房はここの餃子の大ファンでありまして、「福みつ」好きなあたしにいつもは付き合うんですが、この日ばかりは「豚猿」さんへ行きたいと。もちろんあたしもここの餃子は好きでして、どちらかと言えば浜北「孫悟空」さんの餃子よりも好きだったり。野菜や肉、味付けのバランスがいいんだよね。あっさりしていていくらでも食べられる。で、この日は塩チャーシュー麺をお願いいたしましてもやしのトッピング。ラーメンに関しては元祖「孫悟空」さんや浜北「孫悟空」さんよりも好みであります。

豚の大腿骨、いわゆる「げんこつ」を炊きだした澄んだスープがベースでありまして言わば豚骨清湯。これに塩ダレが合わせてありましてパンチがあるんですがあっさりと頂ける。うず高く積まれたもやしをかき分けまして麺を引きずり出す。ずるずると啜りこみますれば豚骨清湯の旨味の強いスープが絡んでくる。上に載ったもやしをかき分けますってぇと大ぶりなチャーシューがこれでもかと乗っている。チャーシューにかぶりついたら麺をすすりましてスープをゴクリ、でもって餃子をパクリ。無限ループ。いつも大変おいしく頂きましてご馳走様でした。

(チャーシューと餃子をお土産に買えば晩酌にいいよ)








by komamono_bun_ya | 2018-05-08 14:37 | ・浜松市中区