上島「豚鬼」で得製黒豚骨

e0220163_16352854.jpg


早朝からがっつり3時間以上も波乗りをすれば腹も減るってぇものでありまして、ちょいと朝ラーをいただきに上島の「豚鬼」さんへ伺うことに。10:00頃入ったんですがなんと空きは3席のみ。食券を買いましてカウンターの隅へ鎮座することに。











e0220163_16353272.jpg



e0220163_16353760.jpg



e0220163_16354258.jpg


ちょいと久しぶりの訪問ではありましたが、店主と世間話をしながら待つ事に。話しながらでも相変わらずてきぱきと素早いオペレーションでもってあっという間の提供。「得製黒豚骨」でありまして「得製」てぇのはいうところの「全部乗せ」てぇことでありまして、「黒」がつくのはニンニクを炙って作る「黒麻油」が入っているってぇことであります。まずはこの顔がなかなかのものでありまして、具材でもって麺が見えない。味玉にでかいチャーシューに拍子木メンマに玉ねぎと葱。それらをかき分けて箸でもって麺を手繰りますれば全粒粉の縮れ太麺。前回伺ったときにはすでにこの麺に変わっておりまして店主曰く賛否両論だと言っていたんですが、あたしはこれ好きなんです。ごわごわとした食感を楽しみながらいただきますれば全粒粉の味わいがいいうえにこの食感が好きだったりします。で、この麺がスープとよく合う。だいたいが頭骨を炊きこんだスープは濃厚でもって柔な麺じゃかなわない。このぐらい武骨な麺でなくっちゃ合いません。しかもこのスープがまた油脂分が少なくって濃厚なれど重くない。流石に東京の有名店(どこかは内緒)で修業しただけのことはあるなと。今回も器の底に沈む骨粉「砂」までいただきました。本日も大変おいしく頂きましてご馳走様でした。

(また限定のにぼ豚食べたいな)








by komamono_bun_ya | 2018-06-08 16:51 | ・浜松市中区