高林「浜田山」で魚豚味玉+替え玉

高林「浜田山」で魚豚味玉+替え玉_e0220163_16162671.jpg


先だって浜松のポイントでサーフィンをした後で高林にある「浜田山」さんへお邪魔してまいりました。ずっと食べたかったんですが、なかなかタイミングが合わなくってやっと行くことに。後で調べてみたら前回伺ったのが2017年の7月25日。う~ん、1年と4か月ぶりの訪問だったとは。浜松にいた頃は週に一度は行っていたのにな。











高林「浜田山」で魚豚味玉+替え玉_e0220163_16162166.jpg



高林「浜田山」で魚豚味玉+替え玉_e0220163_16163054.jpg



高林「浜田山」で魚豚味玉+替え玉_e0220163_16163543.jpg



高林「浜田山」で魚豚味玉+替え玉_e0220163_16163944.jpg


11:30頃お店の前に来ますれば、運よく一台出るところでもって入れ違いに車を入れることができました。で、年季の入った暖簾をくぐり店内に入れば8名待ちだったんですが、すぐにコールがかかりまして待ち時間は10分ほど。相変わらずスムーズなオペレーションでありますな。あたしがお願いするのはもう定番になっている「魚介豚骨味玉ラーメン」でありまして、細麺の替え玉も。目の前に置かれたラーメンの「顔」を眺めながら久しぶりの再会に感無量。加水多めの中太麺は相変わらずの歯応えとのど越し。この自家製麺がまたうまい。この麺をたらふく食べたくってつけ麺を頼む方が多いのもうなずける。あたしは基本スープ好きなのでベーシックなラーメンをお願いするんですが、このしっかりと炊きこんだ豚骨白湯のベースにふんわりと利いた魚介だしがなんとも言えない。油脂類もしっかり利いていてパンチ力は抜群であります。動物系と魚介系のバランスは行く度に多少の偏りはあるんですが、まま、それも楽しみの一つ。今回は動物系優勢。とろりとしたスープをまとった中太麺をすすりつつレアチャーシューをいただいたり穂先メンマをいただいたり。あ、味玉は楽しみにとって置く派であります。で、あら方麺をいただいてしまう前に細めんの替え玉をお願いしておく。茹で時間30秒でもって替え玉がやってくる。その頃には中太麺はいただいていてすぐさまスープへと替え玉投入。箸でもって麺をくしゃくしゃとスープに混ぜ合わせていただく。26番ほどの極細麺ながらこの腰の強さはなんだろ。最後に残ったスープをすべてからめとりながら完食。1年と4か月ぶりに食した「浜田山」さんのラーメンでありましてこれからはこんなに間をあけちゃいけないなと。いつも大変おいしく頂きましてご馳走様でした。

(あまりに久しぶりだったんで店主が心配してくれてたりw)








by komamono_bun_ya | 2018-11-20 16:35 | ・浜松市中区 | Comments(0)