掛川「ジェット家」でチャーシュー麺味玉トピ

e0220163_16424581.jpg


今日はちょいと掛川の「カメラのキタムラ」に用事がありましてついでにその向かいにある横浜家系「ジェット家」さんへ寄ることに。えっと本当は「ジェット家」さんへ寄りたくて「カメラのキタムラ」に用事を作っていたりしてw ちょいと家を早く出過ぎちまってジェット家さんへ到着したのが11:15ほど。カメラのキタムラで用事を済ませまして車に戻ったんですが、それでも11:35頃、11:40頃からぼちぼちとジェット家さんの駐車場が埋まってきたのでシャッター前で待つ事に、久しぶりのシャッターポールでありました。











e0220163_16425086.jpg



e0220163_16425354.jpg



e0220163_16425731.jpg



e0220163_16430246.jpg


今日の開店は12:12でありました。ま、この店のファンであれば少しばかり回転が遅れても別段なんてぇこともなし。シャッターが開きまして店主と目が合いましてごあいさつ。給水器からコップに水を汲みましてカウンター奥のポール席へw 店主が前に来ましてオーダーを取る。「チャーシュー麺味玉麺固め返し少な目油少なめ」といつもの呪文。こちらも調べたら前回訪問したのが2017年7月13日だった。むう、かなり間をあけちまったなと。ひとしきりお客さんからオーダーを取った店主がいろいろと準備を始める。チャーシューを切ったものが入ったバットやら、茹でたホウレンソウやら海苔やら茹で卵やらのトッピング類を並べましてオーダーをもらった順に空の器を並べていく。酒井製麺の麺箱の中で麺をほぐすんですがいつものように何やら呪文を唱えている。目分量でもって麺を茹で湯の中へと放り込みまして炊いたスープをこれまた呪文を唱えながらかき回す。それぞれの器にかえしを入れまして鶏油を注ぐ。スープを張りますってぇとテボで麺をすくい上げましてそれぞれの器に中に。この時も並だったり大盛りだったりを器ごとに変えておりましてよく目分量でやれてるなと感心頻り。でもってそれぞれの注文通りにトッピングをしていく。で、無事一番にあたしの前に器がやってくる。へへへ。ここにはやっぱりおろしにんにくは欠かせません。短尺の中太麺を箸で引っ張り出しまして一気に食らう。腿肉のチャーシューはまた厚みを増しておりまして食べごたえ十分。濃厚なスープは家系そのまんまでありまして、豚のげん骨に背ガラ、鶏ガラがうまくミックスして深い味わいに。このスープと短尺の中太麺のワシワシとした食感がよく合う。で海苔がまたよく合うんだよね。最後はレンゲも使わずに丼の縁に口を付けまして一気にスープを飲み干す。思わず笑みを浮かべている自分に気づいたり。いつも大変おいしく頂きましてご馳走様でした。

(店から出たらやっぱり20人待ち)








by komamono_bun_ya | 2018-11-20 17:04 | ・掛川市