ステロイド離脱症候群か?

e0220163_17403690.jpg


今朝起きますってぇと、腕から出血しておりまして、なんだか打撲のような跡が。しかし、どこにもぶつけた記憶もなく、触っても打撲特有の痛みもない。もしやと思ってよく見れば、紅斑ができていて、それが膨らんで出血したようであります。えっと、疲労が重なるとよくなるんですが、ステロイド薬である「プレドニン」を服薬するようになってからこの症状が出たんです。もう4年も前になるんですが、ステロイドを服薬するようになって2週間ほどでこんなことが起きるようになった。医師の話ではステロイドを大量に服用すると、毛細血管が薄くなって内出血が起きるとのこと。

が、「プレドニン」をやめて二年半ほどになるんですがね、まだこんな症状が出たりします。正直な話、指定難病である「CIDP」の再発だってありうると思っておりますから、やはりどんなことでも気にはしちまいますな。一日に60㎜、それを4か月服用し、そこから徐々に減らしていって1年半ほど服用しました。服用をやめたのが2017年の9月末ですから、もうすぐ三年近くなるのに「ステロイド離脱症候群」てぇ奴かな。あたしはステロイドをやめればすぐに問題は起きないと思っていたんですが、長く服薬していた人に聞きますれば最低でも二年、離脱症状に悩まされますよと。ま、いつもそんなことに怯えながらいるのもばからしいので、好きなことをやろうとは思いますが、今日はゆっくり休んだので、明日は海へ行ってみようかなと。やり過ぎないように気を付けながら楽しみまする。

(朝目が覚めたら腕が血まみれなのは驚く)








by komamono_bun_ya | 2019-06-20 17:50 | 体のこと | Comments(0)