高林「浜田山」で味玉魚豚ラーメン

高林「浜田山」で味玉魚豚ラーメン_e0220163_16320776.jpg


今日は膝痛でもって浜松のかかりつけ整形外科へ行ったこともありまして、久しぶりに「浜田山」さんへ行こうと。病院を出たのが10:20で、「浜田山」さんの開店時間が11:00であります。ま、1クール目で食べられるかなと。で、到着したのが10:40でもって二番手でもってゆとりで入店することに。











高林「浜田山」で味玉魚豚ラーメン_e0220163_16322185.jpg



高林「浜田山」で味玉魚豚ラーメン_e0220163_16322507.jpg



高林「浜田山」で味玉魚豚ラーメン_e0220163_16322991.jpg



高林「浜田山」で味玉魚豚ラーメン_e0220163_16323242.jpg


券売機でもって味玉魚豚ラーメンと替え玉を買いましてカウンターへ。店主と久しぶりの雑談をかわしながら提供を待つ事に。今日はさほどに混んじゃいないなと思いつつ相変わらずの素早い提供でもっていただくことに。デフォの麺は切り刃14番の太麺であります。これが歯ごたえ抜群でもって噛めば押し返してくる弾力の良さ。で、スープがまた一段美味しくなっておりましてちょいと舌を巻く。豚骨白湯と魚介系、特に煮干しがちょいと表に顔をのぞかせておりましてニボ豚に限りなく近い魚豚。しかも、以前に比べて油脂類が相当に抑えられていて、力技ではなくって技術系の優れもの。油脂分が引いたことで豚骨白湯と魚介系の旨味が表にどん! と出てきている。自家製麺と旨味抜群のスープとのがバランスがかなりいい。もちろん刻み玉ねぎだったり穂先メンマの食感も、レアチャーシューの旨味もすべてが統一感の中にあって違和感が全くない。そのうえ、替え玉の切り刃26番の細麺が相変わらずのポテンシャルでもって、この細さでこの腰と食感、唸るよね。スルスルとあっという間の完食で本日も大変おいしくいただきましてご馳走様でした。

(帰る頃にはやはり外待ちができている)








by komamono_bun_ya | 2019-11-13 16:46 | ・浜松市中区 | Comments(0)