三方原町「時代麺房 ライオン」でチャーシューワンタンメン

三方原町「時代麺房 ライオン」でチャーシューワンタンメン_e0220163_16340323.jpg


ちょいとご無沙汰しているこちらへ。北区三方原町の「時代麺房 ライオン」さんであります。いうところの「忍者系」と呼ばれる家元。黒いスープがトレードマークになっている「支那そば」が特徴的なメニューであります。ま、見た目ほどにはしょっぱくないのが特徴であります。彼は店を開いては弟子に任せて、また新しい店を出すってスタイル。で、今は「時代麺房 ライオン」におられます。









三方原町「時代麺房 ライオン」でチャーシューワンタンメン_e0220163_16340672.jpg



三方原町「時代麺房 ライオン」でチャーシューワンタンメン_e0220163_16341161.jpg



三方原町「時代麺房 ライオン」でチャーシューワンタンメン_e0220163_16341486.jpg



三方原町「時代麺房 ライオン」でチャーシューワンタンメン_e0220163_16342101.jpg



三方原町「時代麺房 ライオン」でチャーシューワンタンメン_e0220163_16341646.jpg


開店時間は11:00でして、この日は11:10着でもって待ちはあたし一人で5分ほどでしたかね。すぐに案内されまして自販機の前へ。ここはやはりチャーシューワンタンメンとハラミ丼を。チャーワンだよね、チャーワン。久しぶりに店主の森重ちゃんと無駄話をしながら待つ。彼も手を休めることなく無駄話に付き合ってくれたり。で、流石のオペレーションでもって出てくるのが速い。

動物系のスープなんですが、ちょいと鶏が優勢かな。相変わらず黒いスープなんですが、三河産のたまり醤油のかえし。これが特徴的でありまして、ダシで食わせるのかかえしで食わせるのかと言えば、かえしで食わせる典型のラーメンであります。が、ダシ感もありましてガツンとパンチがある。たまり醤油はちょいと甘みのある醤油でしてダシと相まってこれがなかなかいい。

麺の歯応えやのど越し、腰もしっかりしておりましてスープに負けていない。で、やはりチャーシューの出来がいいなといつも感心する。特にバラの旨味がいいね。ワンタンもひき肉が入った肉ワンタンでして食べごたえがある。安定のいつもの味。このラーメンに、しっかりとし味わいのタレがかかったハラミ丼が又ね、お似合い。いつも大変おいしく頂きましてご馳走様でした。

(安定の味わいだね)





by komamono_bun_ya | 2021-05-12 16:48 | ・浜松市北区 | Comments(0)