カテゴリ:祭り( 56 )

4年ぶりの凧

e0220163_09581479.jpg


令和元年の「浜松まつり」、我々が言うところの「凧」へ4年ぶりに参加をいたしました。4年前に指定難病のCIDPに罹患いたしまして全身麻痺からのリハビリでもって何とか参加できたって感じであります。とは言え、とてもまだフル参戦できるほどの筋力と体力がないのでほんの少し。それでもやはり「凧」はいいものだなと、4年間遠ざかっていたこともありまして、なおの事実感出来たりね。









続きを見る
by komamono_bun_ya | 2019-05-06 11:09 | 祭り | Comments(0)

e0220163_16563970.jpg


今日は朝から浜松は中澤町の「糸目付け」へ。4年前にCIDPに罹患して以来の参加でありました。浜松祭は子供の成長を祝って大凧を揚げるお祭りであります。町のみんなで作り上げた凧に「糸目」をつけるのが「糸目付け」と呼ばれておりまして、その凧を初家さんのお宅へ納品する日であります。もちろん糸目のついた凧を納品するときにはみんなで練り歩いていくわけでもって、浜松では信号ラッパと太鼓の鳴り物入り。









続きを見る
by komamono_bun_ya | 2019-04-21 17:15 | 祭り | Comments(0)

三熊野神社大祭 2019

e0220163_16365395.jpg


今日は昨日から行われている掛川は横須賀の「三熊野神社大祭」に行ってまいりました。今年は天候もよくって桜の開花ともタイミングが合いいかにも「春の祭り」ってぇ感じでよかったなと。シッタシッタの掛け声と、笛、太鼓のお囃子が心地よい。とても好きなお祭りの一つであります。しかし、いつも感心するのはお囃子の上手さとひょっとこたちの舞。桜の中の禰里。









続きを見る
by komamono_bun_ya | 2019-04-06 16:47 | 祭り | Comments(0)

e0220163_15432729.jpg


今年も浜松市は西区、古人見町のお祭へお邪魔してまいりました。こちらの絆纏意匠を任せていただいのが2007年、奉納太鼓の絆纏を任せていただいたのが2009年でありました。何もないところからの大紋制作、奉納絆纏の制作は大変ではありましたが今となっては良い思い出であります。









続きを見る
by komamono_bun_ya | 2018-10-15 16:04 | 祭り | Comments(0)

大野のお祭

e0220163_13500570.jpg


今日明日は大野のお祭であります。こちら大野へ越してきて三度目のお祭であります。もっとも越してきた年はまだ表を出歩くのが大変でもって通っていく「禰里」を二回の窓越しに眺めただけで、去年も見るだけ。今年も同じく。それでもお祭りが好きでもって絆纏姿を見るのが好きだったり。手前の子持ち菱つなぎの総柄は昔の絆纏らしくって現行の絆纏は藍色に「お」の大紋が影で入ったものとのこと。









続きを見る
by komamono_bun_ya | 2018-10-13 13:59 | 祭り | Comments(0)

来年の「凧」へ

e0220163_17484835.jpg


二十年以上使ってきた信号ラッパであります。消防隊員が持っているあれでして、静岡県は浜松市で毎年行われている「凧」には欠かせないものであります。毎年こいつを携えて祭りに参加してきたんですが、3年前病に倒れてからはちょいと放置しておりました。体の具合もぼちぼちってぇことでもって来年は凧場へ馳せ参じようと思い久しぶりにラッパを見れば緑青がふいておりまして悲惨な状態。滑り止めに巻いていた真田紐が汗や雨水を吸ってそのまま放置したことでもって緑青になったんだなと。その真田紐も白カビまでついていてひどい。









続きを見る
by komamono_bun_ya | 2018-10-05 18:00 | 祭り | Comments(0)

祭りの準備

e0220163_12404630.jpg


今年の凧揚げ祭りも昨日で終わりまして今日は各町片付けに大わらわだろうなと。2015年3月にCIDPってぇ変な病気に罹患しましていまだリハビリ中なあたしであります。病気の概要は元来体に入ってくるウイルスに攻撃をし己を守るはずの「抗体」があろうことか己の神経を攻撃するってぇ病気であります。神経を電気コードに例えるなら銅線の周りを覆っている皮膜が攻撃によって破られまして漏電している状態であります。つまり脳からの指令が届かない。体を動かそうとしても情報が破られた皮膜から漏れてしまう。で、筋肉には情報が届かないから動くこともなくどんどん弛緩してしまうってぇ変な病気。しかもやられたのが末梢神経だけじゃなくって自律神経もやられまして一部内臓も動いてなかったり命の危険にもさらされたり。破られた皮膜の修復は自然治癒に頼るしかなくってしかもかなりの時間を要すると。で、罹患してから3年もたつのにまだ長い距離が歩けなかったりね。で、抗体にやられた体の炎症を抑えるために服薬していたステロイド(副腎皮質ホルモン)の副作用でもって体脂肪の燃焼不良やら睡眠不足やらちょっとした鬱症状に悩まされまして、1年半続いた大量投薬が終われば今度は体がステロイドに依存していて、本来分泌されるはずの副腎皮質ホルモンが分泌されなくなっておりまして、まるで罹患したころに戻ったような不調と感染症に弱く筋肉痛などの起きた炎症が自力では止められなくなっていたり。いうところの「離脱症状」、いわゆる「ヤク切れ」ってぇ奴。ま、受け入れるしかないんですが。

病気に罹患した2015年は車いすの生活だったこともあり全く祭りに出ることは不可能でして、翌2016年には杖にしがみついて仲間の初で夜の接待にちょいの間顔を出しただけ。昨年も同様でステロイドの離脱症状の中これも仲間の初の夜の接待でなんとかラッパを吹いた。で、今年は昨年に比べれば多少体の具合もよくって少しは行けるかななんてね。中沢町にある女房の実家へ車を置きまして徒歩で駅近くの屋台の出発地点まで歩きまして屋台を見物しまた中澤へ戻ってくる。仲間の夜の接待を二件出ましてラッパを吹いて帰ってきたんですが、夕方18時頃に歩き始めて家へ帰ったのが25時でありまして、夜中の1時。ま、本人的には結構歩けるようになったなと思っていたんですが、昨日も今日も海へ行く力が残っていない。疲れが残っちまって全然だめってぇ感じ。女房も昨年11月に「うつ病」の診断をもらって自宅療養中でもって、少し調子がいいってぇことで一緒に祭りへ行ったんですが、同じく疲れちまって夫婦共々この二日間は完全にダウン。やれやれってぇ感じw

ま、それでも亀の歩みのようではあっても少しずつ良くはなっているなと。今年はラッパの練習も一切していなくってラッパも吹く気にならず本番でも今年はラッパを持っていくのをやめちゃったりね。でも高校生がラッパを貸してくれまして吹きますれば吹ける、長くやっていたこともありまして昔取った杵柄ってぇところかな。新調した絆纏にラッパを置いて写真を撮ったもののラッパからは緑青が。40年近く本番で吹いてきたのに緑青が出るまでほっといたんだなと寂しい気持ちになったり。まずは滑り止めにしている真田紐を取ってきれいに磨いてやんなくっちゃだ。真田紐も新しいものに取り換えて巻きなおさなくっちゃな。毎日少しでも歩くようにして来年こそは凧場へ行きたいしな。今日から来年の祭りの準備の始まり。

(凧場の糸先に祭りのすべてがあるんだよ)








by komamono_bun_ya | 2018-05-06 13:23 | 祭り | Comments(0)

お祭り夜のそぞろ歩き

e0220163_17184230.jpg


夕べはお祭りに沸く夜の浜松へ。中沢町にある女房の実家へ車を置きまして浜松駅近くは鍛冶町の屋台待機所まで歩いていくことに。正直この距離は歩けても帰ってこられるかなと心配だったんですがなんとか大丈夫そうで一安心。2015年の3月にCIDPに罹患いたしまして体はいたるところが麻痺しちまって暫く車いすで暮らしていたこともありましていまだリハビリをしておりまして長い距離が歩けない。が、この距離を歩いて我が中沢町御殿屋台の雄姿を見ることができましたよ。









続きを見る
by komamono_bun_ya | 2018-05-05 17:43 | 祭り | Comments(0)

e0220163_17273228.jpg


今年も掛川市は横須賀「三熊野神社大祭(宵宮)」を観に。えっと、家から車で5分ほどなんですが。浜松に住んでいたころから毎年見に来ておりまして、調べて見ますれば最初に見に来たのが2007年。通うのも10年を超えたんだなと。で、そのころはまさかこの近くに越してくるなんて考えもしませんでしたが。雰囲気のあるいいお祭りであります。









続きを見る
by komamono_bun_ya | 2018-04-09 17:36 | 祭り | Comments(0)

e0220163_16005281.jpg

昨日は古人見町の祭礼へ伺ってまいりました。若御子神社大祭であります。こちらへは縁がありまして絆纏の意匠を作らせていただきましてそれからのお付き合いであります。ひところはちょいと廃れそうになったお祭りだったそうなんですが、若い者たちでもって有志会が作られましてお祭りの体裁を整えてきたってぇ経緯があります。で、昨日は本祭りの打ち挙げをば見させていただきました。









続きを見る
by komamono_bun_ya | 2017-10-09 16:12 | 祭り | Comments(0)