カテゴリ:体のこと( 160 )

受傷から1週間、暇な療養生活_e0220163_15070332.jpg


えっと、先週の水曜日に肋骨にひびを入れましてそれから1週間が経ちました。もっとも、本当の受傷はもしかしたら金曜日の早朝、くしゃみと同時に鈍く「ボクッ」という音とともに走った激痛でもって、「折れたな」と思った時かも。だとしたらまだ5日しか経っちゃおりませんな。金曜日には流石に主治医の整形外科を訪ねましてレントゲンを撮り処置方法を教えてもらいました。

痛みがありますからあんまり動き過ぎるのもなんだし、と言ってじっとしているのは性に合わないしで、結構療養生活ってぇのは暇だったりしますな。朝はなんだかんだで5時前には目が覚めちまいますし、とは言えあんまり布団の中でうだうだすることもできずに起きちまう。いつものごとく顔を洗って髭を整え、神棚の飯と水を替えてお参りする。その後は朝顔と青唐辛子に水やりをして女房が起きてくるのを待っていたり。

てぇのも、かがんだり中腰になったりしますと、受傷した背中右側部が痛む。もちろんくしゃみなんざしようものなら激痛でもだえる。何もしなくても時折やって来る痛みに抗うこともできずに椅子へ座りこんだりしますな。いつもなら朝早く起きたらどんどん飯の支度をして自分が好きなものを拵えて食べるんですが、台所仕事もできないので女房が起きてくるのを待つしかなかったりね。

ま、とは言え、今日はずいぶん楽になりまして、少しは家のこともできる様になったり。ま、いつも外傷に関してはとにかく治るのが早くって医者が驚くほどなんですが、だからと言ってこう怪我ばかりしているのもなんだかなと。2週間ほどおとなしくしていれば恐らく海へは戻れるんじゃないかなと目論んではおりますが。ま、暫くは養生と、トレーニングは出来ないのでしっかりストレッチでもしようかなと。しかし暇。

(掃除機ぐらいはかけられるかな)







by komamono_bun_ya | 2020-08-04 15:23 | 体のこと | Comments(0)

肋骨の骨折

肋骨の骨折_e0220163_15541547.jpg


えっと、一昨日海で背中を強打しまして昨日は少し痛みが治まったように見えた打撲(←正直ひびが入った程度かと思っていた)でありますが、今朝方大きなくしゃみをした瞬間「ボクッ!」と音がしまして激痛が走りまして身動きが取れない。一瞬でこりゃ折れたなと思いまして、女房には会社を休んでもらって主治医の整形外科へ(←主治医が整形ってのもな)向かうことに。







続きを見る
by komamono_bun_ya | 2020-07-31 16:14 | 体のこと | Comments(0)

天気病み

天気病み_e0220163_16191777.jpg


夜半から今朝にかけてすごい雨だったよね。えっと、この三カ月くらい前からでかい低気圧が来るとどうにも調子が良くない。言うところの「天気病み」ってやつでして、あたしも焼きが回ったなと。体中の関節が痛みまして階段を上り下りするのもつらくなる。特にCIDPの後遺症がひどく出まして手足のしびれと、力が入りにくくなりまして、病状が戻っちまうんじゃないかと心配をするほどであります。

実際数か月前にこの症状が出た時には「もしや再発か?」と思ったほどでして、そのくらい症状がひどかったりします。今朝もひどくってとても海へ行ける状態じゃなくってベッドに突っ伏しておりました。で、これが不思議なんですが、雨が小やみになってくればなんともなくなったりしますな。ま、昨年まではステロイドの離脱症状との闘いがありまして、今度は痛みを感じるだけよくなっているのかとも思うんですが、どうにも不具合でもって勘弁してほしい。ま、しばらくは様子見かな。そのうち「天気病み」も治ってくれると信じることにしましょうかね。

(小さな低気圧なら問題ないんだけどな)








by komamono_bun_ya | 2020-06-28 16:26 | 体のこと | Comments(0)

右手薬指第二関節の脱臼

右手薬指第二関節の脱臼_e0220163_13540020.jpg


昨日は不覚にも指の関節を脱臼しちまいました。不意の痛みでもって指を見ると薬指が小指の方へ65度ほど曲がってる。ありえない角度でありまして、これは骨折か? とも思ったんですが、今までの経験で骨折をした場合どんなに小さな骨でも吐き気がしたりするんです。が、吐き気がしなかったことと、痛みがさほどでもなかったことで、これは脱臼だなと。とりあえずあり得ない方向に曲がった薬指を引っ張ってもとの位置にもどして見るんですが、どうにも位置が合わなくって三度ほど引っ張ってみては元の位置と思しき所へ持って行ってみる。

で、何とか「コクン」って感じで元の位置に収まったようでして、指を曲げてみると取り敢えず普通に曲がる。そうこうしているうちに指がみるみる腫れてきまして鈍痛が起きる。昨日はしばらく湿布をしておいたんですが、家事もしなくっちゃで、今日はテーピングで関節の両脇にある靭帯を固めることに。しばらく怪我はしちゃいなかったんですが、どうにも怪我のデパートでありますな。ま、このまま暫く固定して、夜は湿布をして過ごすことに。どうせ医者へ行ったところでやることは一緒ですから。どうにも気を付けなくっちゃでありますな。

(若い時から怪我ばかり)








by komamono_bun_ya | 2020-05-21 14:03 | 体のこと | Comments(0)

ストレッチ

ストレッチ_e0220163_15544307.jpg


仕事柄ほぼ在宅勤務のようなものでして、絆纏なんぞの誂え物なんかの場合はお客さんと直に話したりすることもあるんですが、ネット販売の方は人と会うことはまずありませんな。一日家におりまして、なんだかんだでやることもあったりしてそこそこ忙しくさせていただいております。5年前に四肢が麻痺をするなんてぇ大病を患いまして以後、少しずつリハビリとしてのトレーニングも続けておりますが、当初は大したこともできなくって、今でも後遺症があるのでさほどにハードなトレーニングもできなかったり。

基本は「自重トレーニング」てぇことでもって、己の体重を利用して行うトレーニングが主体だったりします。言うところのスクワットだったり、腕立て伏せや、シットアップとか。で、トレーニング自体は週2回から3回ほど行うんですが、一番重きを置いているのがストレッチだったりします。一日にストレッチは40分ほどかけて行っておりまして、これを行うのとおこなわないのとじゃ体の調子が全く違ったりしますな。つとにこの3冊はあたしにとってストレッチバイブルだったりね。

しっかりストレッチをしますとうっすら汗ばんだりしまして運動としても効果があったりします。何より、病気の後遺症もさることながら、もう63歳と高齢になったこともあってとにかく体の調子を維持していかなくっちゃならない。ストレッチをしっかりしておきますれば、疲労も取れますし、何より疲れにくい。とにかく高齢になって体が劣化していくだけですから何もしなければどんどんポンコツになっていきます。実際、周りの連中でも何もしなくってポンコツになって行っているのに気がつかない奴らもいますから。やんなくっちゃ駄目だよと諭してもなんだかんだ口実をつけてやらないんだよな。自分の体ですから、管理できることはしっかり管理していかなくっちゃでありますな。

(今日もしっかりやりましたよ)








タグ:
by komamono_bun_ya | 2020-05-12 16:09 | 体のこと | Comments(0)

CIDPの後遺症とステロイド離脱症候群_e0220163_16002566.jpg


昨日はちょいと大きな低気圧が通過しまして、そんなときは5年前に罹患したCIDPの後遺症がちょいとひどくなったりします。えっと、CIDPってのを説明しますね。

慢性炎症性脱髄性多発神経炎とは
慢性炎症性脱髄性多発神経炎(chronic inflammatory demyelinating polyneuropathy: CIDP)とは、2ヶ月以上にわたり進行性または再発性の経過で、四肢の筋力低下やしびれ感をきたす 末梢神経 の疾患(神経炎)です。典型的な症状としては、左右対称性に腕が上がらなくなる、握力が低下して物をうまくつかめなくなったり箸が思うようにつかえなくなる、階段がうまく登れなくなる、転びやすくなる、などが挙げられます。また手足のしびれ感やピリピリするなどの違和感を認めることがあります。CIDPを発症する原因は現在もなお不明ですが、末梢神経に対する免疫異常により、神経線維を覆う膜構造(ミエリン)が破壊されることでいろいろな症状が出現すると考えられています。類似の症状をきたす疾患として、ギラン・バレー症候群(GBS)が挙げられますが、大きな違いとして、CIDPの経過が2ヶ月以上慢性と慢性であること、再発と 寛解 を繰り返す患者さんが多いのに対して、GBSは4週間以内に症状はピークを迎え、その後は再発することはごく稀であることが挙げられます。
CIDPで損傷される末梢神経は主に髄鞘(ミエリン)であり、神経を電線にたとえると電線そのものが銅線、それを覆う絶縁体であるビニール膜が髄鞘です。CIDPは 脱髄 を起こすのが特徴ですが、これは銅線を保護するビニール膜の所々が損傷してはがれている状態になります。その損傷の原因はいまのところ自分の髄鞘を標的として攻撃する免疫的な作用( 炎症 )が推測されていますが、詳細ははっきりしていません。なお、CIDPの日本語訳は慢性炎症性脱髄性多発神経炎、慢性炎症性脱髄性多発根神経炎など複数あります。また神経炎をニューロパチーと表現される場合もありますが、これらはすべて同じ疾患を指す用語です。

面倒な長文でありますなw えっと、この病気に罹患しまして長期にわたってステロイドを服薬しておりました。えっと、よく原因がわからない炎症にはすぐステロイドってぇ図式がありまして、炎症を抑える目的であって治療じゃないんです。髄鞘の損傷を治すものじゃないんです。この損傷は自然治癒を待つしかない訳です。以前のことを思えばずいぶんよくなったんですが、未だに下半身と腕には痺れがありまして、特に下半身においては膝を曲げていくと力が入りにくい角度の場所がありまして、慌てて階段なんぞを降りようとすると転がっちまう。もちろん走ることはできません。

大きな低気圧が通るとこれが顕著になりまして、下半身に力が入りにくくなる。昨日は階段の上り下りがとんでもなく大変になったりしました。ってことはまだ髄鞘の損傷は治っていないってことになりますな。で、これを治療するときに用いられた「ステロイド」は科学的に作られた「副腎皮質ホルモン」であります。で、これを長期にわたって大量に摂取したことで、体は副腎皮質ホルモンを出さなくなっておりまして、ステロイドの服薬をやめる時には時間をかけて徐々に少なくしていったんですが、それでもやめてひと月ほどしたときからかなり強い離脱症候群にやられることに。まるで、CIDPに罹患した時のように症状がぶり返しました。とは言え、またステロイドの服薬をするのも嫌だったので、何とか我慢して毎日を過ごすことに。

髄鞘が損傷することで脳からの指令が漏れちまって届かなくなります。脳からの指令が届かない筋肉はどんどん弛緩しまして細くなる。で、さらに力が入らなくなるってぇ悪循環が起きますから、少しでも体を動かして筋肉に指令を送る練習をしなくっちゃでして、軽いトレーニングを行う。それによって起きる筋肉痛が1カ月も続いたりね。今年に入ってちゃんと筋肉痛が起きると、翌日辺りから少しずつ和らいできたりしますから少しはいいんだろうなとも。なので、波乗りは趣味でもあるんですが、ほぼ今の自分を助けていたりもします。つまり海は「リハビリテーションホーム」であります。ステロイドでむくんだ体はひところ100㎏を越えておりましたが、なんとか84㎏あたりまで落としました。まだまだトレーニングをしながら自力で元の体を手に入れなくっちゃなと。ま、そんな後遺症に加えて63歳という年齢のこともありますし。とにかく前を向いてコツコツとやっていくしかありませんな。

(明日もトレーニング)








by komamono_bun_ya | 2020-04-21 16:36 | 体のこと | Comments(0)

新しい眼鏡

新しい眼鏡_e0220163_15563124.jpg


新しい眼鏡が届きました。えっと、ちょいとぼけて見えることもあって眼科受診をしまして、弱い白内障だってぇことで心配はないと。で、使っているメガネがちょいと見えがよくないこともあって処方箋をいただいて「ららぽーと磐田」のJ!NSさんで作ったんです。予定では先週の木曜日の出来上がりだったんですが、前日の店員から電話がありまして、出来上がってきたメガネに傷があるので急いで作り直しますと。で、一昨日出来上がったとの話だったんですが、「ららぽーと磐田」が営業の自粛に入るので、宅配便で送りますと。えどぇ、今日無事に手元に来たってぇことであります。これまで2ポイントのメガネをかけていたんですが、これね、見栄えはいいんですが、とにかく弱い。ま、フレームがなくって、レンズへ直に金具富見かけがついているので仕方がない。で、今度は以前もかけていたチタンフレームの奴に。度数は今までちょいときつかったようでして、楽に見られてずいぶん具合がいい。今後も眼鏡を作るときは眼科医の処方箋でもって作ろうと。もちろん遠近両用のアダルティーな奴でありますw

(楽に見られて調子いい)








by komamono_bun_ya | 2020-04-19 16:04 | 体のこと | Comments(0)

筋肉痛とボードの手入れ

筋肉痛とボードの手入れ_e0220163_16520818.jpg


昨日の庭仕事で、重たい踏み石を散々掘り起こしたり再設置したりしまして、今日は思った通りのひどい筋肉痛であります。どう考えても波乗りへ行ける状態じゃなくって海はお休み。情けない。で、今日はボードのメンテナンスをすることに。とはいっても小傷こそありますが、修理をしなくっちゃならないほどのクラッシュは無くって、ワックスを剥がしてきれいにしただけ。ワックスは海に入るたびに塗り込みますから、使っているうちに何層にもなって汚れて来るので見た目によくない。出来るだけこまめにワックスを落とすことで気持ちよく海へ入れますな。しかし、ちょっと土方仕事をしただけでこんなにひどい筋肉痛が起きるのはね。ま、ステロイドを服薬していたころは筋肉痛すら起きませんでしたし、ステロイドをやめて、離脱症候群が起きていたころは、少しのことで筋肉痛になりましたし、しかも2週間ほど痛みが取れなかったり。いろいろと体の状態がいい方向へと向かっているのかなとも。筋トレも少しずつ再開をしておりまして、早いとこ罹患する前の体に戻さなくっちゃであります。でないと、あたしに残された時間があまりないw 明日はなんとか海へ行きたいので、今日はゆっくり休みまして筋肉痛が収まってくれるのを祈るだけでありますな。今日も早いとこ晩酌を始めて早いとこ寝ちまおうと。

(飲み過ぎて起きれないような失態はまずいw)








by komamono_bun_ya | 2020-04-16 17:03 | 体のこと | Comments(0)

不意の眼科検診

不意の眼科検診_e0220163_16391930.jpg


昨日はちょいとした失態でもって、眼鏡を土間へ落としてしまってレンズを欠かしちまった。ま、ちょいと度数が合わなくなっていたこともありまして眼鏡を替えようと思ってららぽーとの "JINS" へ。メガネフレームを決めて検眼を受けることになったんですが、検眼をしている方が「眼球の状態が不安定でうまく度数を計れないんです。早めに眼科を受信された方がいいと思います」と。むう。白内障かなと。実は32歳の時に緑内障でもって、眼球の房水が流れるようにバイパス手術を受けております。で、それも心配だったんですが、ステロイドの長期服薬でもってCIDPの治療中からよく目がかすんだりしておりました。で、おそらくはステロイド原因の白内障かなとも。

で、昨日のうちに眼科医へ連絡をしまして今日は朝から眼科検診を受けに行くことに。9:00前に受付を済ませまして、視力検査やら視野の検査、暗い状態の見え方と明るい状態の見え方を検査してもらいまして、検査が済んだのが11:30で、そこからやっと診察と。で、結論から言えば「白内障」であるとの事。ま、状態はひどい訳ではないので即何とかなってしまう状態ではないので、本当に見えにくくなったらその時手術をとのこと。で、緑内障による視野の検査は15年前に取ったデータとほぼ差は無くって問題ないとのこと。

眼鏡の処方箋を書いてもらいまして、先ほどららぽーとで眼鏡を作ってまいりました。ま、遠近両用レンズなので出来上がりまで1週間ほどかかるようではありますが、ま、待って居れば出来上がってくる。眼鏡を落としたことから、以前から受診しなくっちゃなとは思っていた眼科へ強制検診てなことに。ま、思ったほどひどい状態ではなかったので一安心であります。年齢を重ねまして近視、乱視、緑内障に老眼、さらに白内障と忙しいことこの上なし。ま、いい加減に検査を受けろと神様が言っておられたのかなとも。生きている間はやはり目が見えた方がいいに決まってますから、定期的に受信しなくっちゃなと。

(波乗りもできなくなっちまう)








by komamono_bun_ya | 2020-04-09 16:58 | 体のこと | Comments(0)

体の整備

体の整備_e0220163_16242818.jpg


今日は波も小さいだろうと踏んで、ちょいと膝のことでかかりつけの整形外科へ。どうも水が溜まっているようにも思えたので診察してもらう事にしたんですが、レントゲンを撮ってもらい触診もしてもらったんですが、水が溜まっている風じゃないよと。数か月前に痛めた左足の靭帯が悪さをしているようでして炎症が起きているようであります。水が溜まってるんじゃなくって靭帯の炎症でもって腫れてるとのこと。ちょいと酷使したんじゃない? と問われましてかえす返事がない。思えばここのところちょいと詰めて海へ通っておりまして休憩が少なかったのかなと。ま、大病をしている上に年も年だしな。もう少し体のことを考えてやらなくっちゃだ。とは言え、明日は波も上がりそうなのでやっぱり海へ行こうと思っておりますがw ま、今日はゆっくり休憩したので良しってことで。

(ミルで挽いた豆で飲むコーヒーは美味しい)








by komamono_bun_ya | 2019-11-13 16:30 | 体のこと | Comments(0)