タグ:ぶん屋の仕事 ( 29 ) タグの人気記事

今日の暦

e0220163_13502784.jpg


今日も地元おお祭り。天気も何とか持つかな。









続きを見る
by komamono_bun_ya | 2018-10-14 04:52 | | Comments(0)

e0220163_11571003.jpg


在庫が切れておりました「男物白鼻緒畳表三度雪駄」の八寸三分が入荷いたしました。で、申し上げにくいんですが、近頃畳表が高騰しておりまして値段を改定させていただきました。ご迷惑をおかけいたしますが、今後ともよろしくお願いいたします。お買い求めは「komamonoぶん屋」でよろしく願いいたします。








by komamono_bun_ya | 2018-07-01 12:00 | 履物 | Comments(0)

縞馬本雪駄

e0220163_14285998.jpg


昨日久しぶりに履いた本雪駄でありまして表は畳表の縞馬。通常の白い畳表の竹皮と、燻して黒くした竹皮を交互に編み込んだものであります。で、縞になっているから「縞馬」と。「畳表」てぇのは竹皮とかシュロの葉を編んだものでして、「畳」の素材である「イグサ」じゃありません。で、この畳表にもランクてぇのがありまして、お祭なんぞで履くゴム底の物はほぼ「トウキビ」を使っております。で、竹皮も編み方で野崎と南部に分かれます。南部の方が目が詰んでいて高級品とされておりますな。そのうえ、「山(やま)」と「平(ひら)」がありまして表面が滑らかで平らな「平」の方が高級品。鼻緒は印伝と言いまして、なめして染めた鹿革に漆でもって文様を型置きしたものであります。あたしが履いているのは野崎の山でもって比較的お安めのもの。と言っても5万円近い価格でありまして、これが高級な南部の平で印伝の鼻緒を挿げれば15万以上はするってぇ代物に。えっと、見栄えはいいんですが、底は牛革でもってクッションがないので長時間歩くのには向きませんな。パーティーなんぞのお呼ばれのような時にホテルの絨毯の上を歩くのが楽だし雪駄も傷まないかななんてね。ま、それでも一足持ってると嬉しいかなと。

現在は売り切れちまって在庫はしちゃいませんが、欲しいよってぇことであればご連絡くださいまし。サイズや鼻緒の素材、柄なんぞの相談にも応じさせていただきます。

(なかなか様子がいいね)








by komamono_bun_ya | 2018-05-19 14:47 | 履物 | Comments(0)

簪をモチーフにした大紋

e0220163_17313849.jpg


2015年にちょいと面倒な病気に罹患しましてからは大っぴらに仕事はしちゃいないんですがそれでもこそこそやっていたり。この絆纏はうちがお願いをしている「蜻蛉玉職人」さんからの依頼で拵えた絆纏であります。蜻蛉玉てぇモチーフですと丸いだけなので簪にした方が絵面がいいかなと思っての事であります。









続きを見る
by komamono_bun_ya | 2018-05-09 17:39 | 絆纏 | Comments(0)

祭囃子、初めてのお化粧

e0220163_16242493.jpg


初めてのお化粧は上手にやってもらったかな。本番頑張って。

(今夜はちょいと御殿屋台を見に)








by komamono_bun_ya | 2018-05-04 16:25 | 絆纏 | Comments(0)

中沢町絆纏意匠の変遷

e0220163_17243790.jpg


夕べはひどい雨でもって前夜祭は大変だったようでありますが、今日は雨も上がりまして凧も上がったようでありますな。まだまだリハビリ最中の体じゃちょいと凧場へ行くのはまだ荷が重い。ま、女房も自宅療養中でもありますしね。とは言え気持ちは凧場へなんてぇところではありますが。今年から中沢町の絆纏が替わることになりまして戦前のデザインに。ま、屋台60周年を記念しての事でありまして屋台に乗るお囃子の絆纏を替えようってぇことでもってついでに町内の祭り半纏も同じように変えようじゃないかってぇことでの事であります。「中澤町」から「中澤連」になりまして、襟文字も「奈か連」の変体仮名に。










続きを見る
by komamono_bun_ya | 2018-05-03 17:40 | 絆纏 | Comments(0)

e0220163_16084803.jpg

DICカラーガイドってぇのがありまして、ま、言うなれば色見本なんです。「大日本インキ化学」ってとこが出しておりまして、結構頻繁に使います。特に染の色を決めるのに使ったりします。で、このカラーガイドが結構いいお値段でありまして、全部そろえると¥20,000を越えたり。足りない版もあるので買い足そうかなといろいろ検索しておりますれば「大日本インキ化学」のHPでもってiPhone版とiPad版のアプリが出ている。しかも無料。え?! 無料?! 早速ダウンロードしてみますればこれがなかなか使える。無料。いきなり使い倒していたり。あ、来年の浜松まつりの絆纏受け付けてますよ。よろしく。

(いろいろ便利になるものだ)








by komamono_bun_ya | 2017-11-13 16:15 | お店のこと | Comments(0)

柘植簪の価格高騰

e0220163_16234003.jpg

お客様からのご依頼でもって入荷待ちをしている柘植の簪であります。言い訳がましい話になっちまうんですがちょいと厳しいことになっております。柘植は素材でもってかなり価格が変わるんです。同じデザインでもって同じように彫っても素材の違いでもって最大5倍ほどの値段の開きがあります。例えば画像の唐草模様の透かし彫りでありましても外来のもの(中国南部からタイやカンボジアからの輸入品)であれば12000円ほど、これが国産の良いものになりますれば同じデザインであっても38000円~。で、最近この輸入のものが入ってこない。で、入ってきましてもかなり高くなっておりまして国産のものと値段的に変わらない。どうせなら国産の質の良いものの方がよくなっちまう。それに彫りをする職人さんたちの高齢化。実際あたしどもで仕入れさせていただいている職人さんは先だってお亡くなりになりましてほかの方にお願いをしているんですが、その方も全国の店舗分を賄っていたり。熊本で買おうが京都で買おうがお江戸で買おうがほぼ同じ職人達が彫っていたりします。簡単に言えば売り手市場でありまして納期も価格も全くコントロールできない。国産の高級柘植を素材にしましても納期が約束できなかったり。そのうちNC(コンピューター制御の切削機械)で彫ったものが普通になっちまうのかなと。なんだか釈然としないななんてね。職人達がその仕事でもってしっかりと利益が出せて働き甲斐のある国になってくれなくっちゃどんどん職人がいなくなっちまいますな。

(とりあえず職人のところへ行って来なくっちゃだ)








by komamono_bun_ya | 2017-10-14 16:41 | 簪/髪飾り | Comments(0)

e0220163_18280686.jpg

えっと、直前の告知で申し訳ありませんが、9月30日、10月1日と二日間にかけて行われる「ゆりの木通り手作り品バザール」に、10月1日の日曜日出店いたします。以前から構想を持っていた女房とのコラボ「ぶん屋 あかね堂」としての出店でありまして、あたしがプロデュースして女房が作るといったものであります。









続きを見る
by komamono_bun_ya | 2017-09-29 18:39 | お店のこと | Comments(0)

蜜柑玉二色

e0220163_15170174.jpg

蜜柑玉の「氷玉」と「瑠璃玉」もsold outしていたんですが再入荷してまいりました。夏には涼やかな色合いでありますな。小千谷縮や紗博多と合わせていただけば一層涼しげな演出ができると思います。「komamonoぶん屋」で取り扱っておりますれば一度ご覧になってくださいまし。









by komamono_bun_ya | 2017-07-23 15:21 | 蜻蛉玉 | Comments(0)