e0220163_16191180.jpg


うちのオリジナルであります「畳表クッション雪駄白鼻緒」の特特大 九寸(27cm)が再入荷いたしました。長い距離を練り歩くのに適しておりまして、足の疲れは通常の雪駄とは比べ物にならないくらい楽であります。









続きを見る
by komamono_bun_ya | 2019-04-01 16:34 | 履物 | Comments(0)

縞馬本雪駄

e0220163_14285998.jpg


昨日久しぶりに履いた本雪駄でありまして表は畳表の縞馬。通常の白い畳表の竹皮と、燻して黒くした竹皮を交互に編み込んだものであります。で、縞になっているから「縞馬」と。「畳表」てぇのは竹皮とかシュロの葉を編んだものでして、「畳」の素材である「イグサ」じゃありません。で、この畳表にもランクてぇのがありまして、お祭なんぞで履くゴム底の物はほぼ「トウキビ」を使っております。で、竹皮も編み方で野崎と南部に分かれます。南部の方が目が詰んでいて高級品とされておりますな。そのうえ、「山(やま)」と「平(ひら)」がありまして表面が滑らかで平らな「平」の方が高級品。鼻緒は印伝と言いまして、なめして染めた鹿革に漆でもって文様を型置きしたものであります。あたしが履いているのは野崎の山でもって比較的お安めのもの。と言っても5万円近い価格でありまして、これが高級な南部の平で印伝の鼻緒を挿げれば15万以上はするってぇ代物に。えっと、見栄えはいいんですが、底は牛革でもってクッションがないので長時間歩くのには向きませんな。パーティーなんぞのお呼ばれのような時にホテルの絨毯の上を歩くのが楽だし雪駄も傷まないかななんてね。ま、それでも一足持ってると嬉しいかなと。

現在は売り切れちまって在庫はしちゃいませんが、欲しいよってぇことであればご連絡くださいまし。サイズや鼻緒の素材、柄なんぞの相談にも応じさせていただきます。

(なかなか様子がいいね)








by komamono_bun_ya | 2018-05-19 14:47 | 履物 | Comments(0)

女物三度草履の再入荷

e0220163_18044208.jpg

ちょいと遅れちまいましたが、女物白鼻緒畳表三度草履(相変わらず名前が長くてすみません)が再入荷いたしました。入院やリハビリの事がありまして、なかなか仕事ができなかった弊害でもって発注をかけられなかったんですが、やっと入って来まして、これで白鼻緒の三度は男物2サイズ、女物1サイズの揃い踏みであります。ぜひこのソフトな履き心地をお試しくださいまし。「komamonoぶん屋」で取り扱っておりますれば一度覗いてくださいまし。




by komamono_bun_ya | 2015-10-07 18:08 | 履物 | Comments(0)

男物縞馬雪駄本天鼻緒

e0220163_18110297.jpg

男物の縞馬(しまうま)畳表の雪駄であります。鼻緒は「本天(ビロード)」でもって柔らかくって履きやすい。もちろん底には牛皮を使っておりますが、なんといっても表が縞馬の畳表ってぇところが洒落ておりますな。畳表ってぇのは竹の皮でもって編んだ表の事を言うんですが、白く漂白したものと黒っぽく燻した「カラス」と呼ばれるものがあるんです。これはその交互を編み込んだものでありましてなかなか粋な感じのものでありますな。ま、そこそこの価格は致しますがちょいと見本で入れました。本物を見なくっちゃいいものも分かりませんから。これは鼻緒で相当雰囲気が変わるんじゃないかなと。まだネットストアには掲載いたしませんので、お近くの方は是非お店に寄ってみてくださいまし。お待ちしております。

(あたしが欲しい)








by komamono_bun_ya | 2014-07-18 18:14 | 履物 | Comments(0)

鹿の子の鼻緒

e0220163_18053832.jpg

女物の畳表三度草履であります。鼻緒は「鹿の子」であります。鹿の子供は小さな斑点がたくさんありましてその様子からこの名前が付いたんです。これは正直プリントなんですが、型染のものが普通かなと。ただし、本物はこの斑点一つ一つをすべて絞りで染めておりまして大変高価なものでありました。今でも着物でもって藍染の総絞りなんてぇことになればかなりのお値打ちものでありますな。ちょいと江戸小紋のようでもって品があっていい。あたしも好きな柄の一つであります。「komamonoぶん屋」で販売しております。

(足元にこの柄があるのはうれしいかなと)








by komamono_bun_ya | 2014-07-10 18:09 | 履物 | Comments(0)

e0220163_18350296.jpg
畳表の三度草履でありまして、鼻緒は紗綾型(さやがた)であります。別名卍(まんじ)つなぎと申しまして、その名の通り卍がつながっている文様でありますな。文様も縁起や由来てぇのがありまして、終わりのないつながりってぇことでもって吉祥とされた文様であります。女性の肌襦袢や半襟なんぞにも良く使われている品格の高い文様でもあります。ツボと裏地は淡い藤色でもってこれも品がいい。ちょいと大人の草履であります。「komamonoぶん屋」でのお取り扱いでありまして是非遊びにおいでくださいまし。








by komamono_bun_ya | 2014-06-20 19:43 | 履物 | Comments(0)

e0220163_18032281.jpg
女物の履物でありまして、表には「畳表」を張り込んであります。ちょいと勘違いされることが多いんですが、「畳表」ってぇのは竹の皮を編み込んだものでありまして、住居の「畳」とは異なります。お部屋の方の「畳」は「い草」を素材にしておりますが、履物の場合は竹皮ってぇのが相場でありますな。編み込んで畳んであるってぇ意味合いで「畳」ってぇのを使いますから「い草」だけを「畳」というわけじゃないんです。で、鼻緒には印伝風のものを使っておりまして、亀甲紋の中に花の紋をあしらっております。ツボは淡い桃色とちょいと可愛らしい。デニムでもって素足で履けば涼しいこと請け合いでありますな。何も着物ばかりがいいってぇ訳じゃない。そんなカジュアルな履き方も楽しんでみてはいかがでしょうか。「komamonoぶん屋」で取り扱っておりますれば遊びに寄っていただければと。








by komamono_bun_ya | 2014-06-19 18:10 | 履物 | Comments(2)

e0220163_18082209.jpg

畳表の三度草履であります。あたしどものところで「三度草履」なんてぇ名を勝手につけさせてもらったんですが、「三度」ってぇのはその昔飛脚が江戸から大阪まで三回往復するってぇ意味で使っておりまして、そのくらい使っても壊れないってぇ意味なんです。「三度笠」ってぇのもそんな意味合いでありまして、そんなところから三度草履」なんてぇ名をつけたんです。ただしこれはちょいと意味合いが違いまして、江戸と大坂を三往復しても足が疲れないなんてことを言いたかった。そのくらいクッション性がいいんです。そんなクッション性のいい底に畳表を張りまして、印伝風の鼻緒を挿げました。柄は「勝虫(かちむし)」であります。「勝虫」ってぇのはトンボのことでありまして、前にしか進まないことから、負けて引き下がることがないってぇことでもって戦国武将たちにゲン担ぎとして好まれたんです。そんなことからお江戸ではとても流行った柄でありますな。ツボと鼻緒の裏には生成りの生地を使いまして、ちょいと小粋な仕上がりになっております。「komamonoぶん屋」で取り扱っておりますのでぜひお越しくださいまし。








by komamono_bun_ya | 2014-05-31 18:16 | 履物 | Comments(0)

ちょいと艶っぽく黒印伝

e0220163_16275702.jpg
印伝風の鼻緒を挿げた畳表の女性用三度草履であります。印伝てぇのはなめした鹿革に、漆でもって型染めしたものであります。本物であれば鼻緒だけでも数万円するものではありますが、ま、「風」ということで。それでも雰囲気がありまして紅(もみ)の裏地と相まってかなり艶っぽい。白い足袋によく似合うんじゃないかなと思いますな。ちょいと江戸好みでもって姐さんぽく小粋に履いていただきたいなと。唐山の着物によく似合うんじゃないかななんてね。「komamonoぶん屋」で扱っておりますよ。ぜひご覧くださいまし。








by komamono_bun_ya | 2014-05-30 16:33 | 履物 | Comments(0)

女物畳表鱗紋三度草履

e0220163_18004751.jpg
三度草履の新作が入荷してまいりました。履きやすさで人気の「三度草履」でありまして、底にウレタンクッションを使ったものであります。表は野崎の畳表で高級感もあります。鼻緒はちょいと印伝風でもって鱗紋を。この「鱗紋(うろこもん)」はお武家さんが多用した紋でもってなかなか由緒正しく格の高い柄であります。ツボと鼻緒の裏地には白を使いまして上品に仕上げました。「komamonoぶん屋」で取り扱っておりますればぜひお越しくださいまし。







by komamono_bun_ya | 2014-05-29 18:05 | 履物 | Comments(0)