e0220163_10211002.jpg
先だってお客さんから承った簪であります。玉は赤玉の隠し紋でありまして、一回り小振りに、脚もちょいと短めでもって拵えてほしいとのこと。全体的に小振りな感じに仕上がりまして先日納品させていただきました。あたしんとこの簪の脚はすべて「黒檀」でありまして、それぞれの蜻蛉玉の邪魔をしないように。小振りでも存在感のあるかわいらしい簪になりましてお客さんにも喜んでいただけました。今日もお客さんの御髪を飾ってくれているかなと。

(上の簪が通常のサイズです)






by komamono_bun_ya | 2017-02-08 10:26 | 蜻蛉玉

e0220163_18285569.jpg

赤玉に隠し花火紋を入れ込みました。同じデザインが簪にもありまして、売り切れておりますがそちらも鋭意制作中であります。人気のデザインは順次簪とお揃いで作っていこうと思っています。カジュアルな木綿の着物ならばピアスもありかなと。勿論カジュアルなお洋服にもね。かわいらしいと思いますよ。「komamonoぶん屋」で扱っていますので、ぜひご覧くださいまし。








by komamono_bun_ya | 2014-09-04 18:32 | 蜻蛉玉

赤玉万筋蜻蛉玉簪

e0220163_18393212.jpg

きりっと真っ赤な地色に万筋を施した簪であります。蜻蛉玉はやはり赤玉が基本と思うのですが、それに加えてこの「万筋」が粋でありますな。いうところの「シュッとしている」って感じでありまして、きゅっと結い上げた髪によく似合う赤であります。これでお揃いの万筋の着物でも着てくれるとななんてね。男はバックシャンに弱いものであります。「komamonoぶん屋」に初お目見えの新作でありまして、一度ご覧になってくださいまし。








by komamono_bun_ya | 2014-08-31 18:43 | 簪/髪飾り

e0220163_18274831.jpg

ここの所、簪と同じ柄のピアスを作っておりまして、あ、作るのはあたしじゃなくて職人さんなんですが、そんな依頼を増やしております。やはり合わせてお使いになりたいという要望も多いので、人気の柄から少しずつ増やしていこうかなと。で、今回は「赤玉花火紋」のピアスを作りました。なかなか可愛らしいと思いますよ。これなら洋服の時なんかちょいと「和」のポイントになって面白いですよね。「komamonoぶん屋」でお買い求めください。









by komamono_bun_ya | 2014-08-15 18:31 | 蜻蛉玉

赤玉隠し花火紋蜻蛉玉簪

e0220163_18111391.jpg

今日ネットショップにお目見えしました新作であります。「赤玉隠し花火紋蜻蛉玉簪(あかだまかくしはなびもんとんぼだまかんざし)」と相変わらず長い名前を付けましたw パッと見にはただの赤い玉に見えるんですが、そこはそれ、変わり者のプロデューサーでありまして中の花火紋を同色にして隠しちまった。よく見ると、「おお、あるある」ってことになる。ちょいと江戸好みな意匠でありまして面白いんじゃないかなと。「komamonoぶん屋」へぜひお越しくださいまし。









by komamono_bun_ya | 2014-08-01 18:15 | 簪/髪飾り

赤玉花火紋蜻蛉玉簪

e0220163_18001105.jpg

人気の「赤玉花火紋」の簪であります。しばらくソールドアウトになっておりましたが入荷してまいりました。蜻蛉玉の簪としては赤いものはやはり定番だなってぇ感じでありまして、江戸時代から赤こそ蜻蛉玉といったイメージが強いですな。まさに町娘のあこがれといった感じでありまして、これはね、年齢を問わずつけていただけるものだと思います。若い子はやはり若い子のように、年配の方がこんな赤い球をつけていたら、それはそれで可愛らしいかなと。「komamonoぶん屋」で取り扱っておりますので、ぜひお越しくださいまし。








by komamono_bun_ya | 2014-07-31 18:04 | 簪/髪飾り

紅玉七宝紋蜻蛉玉簪

e0220163_18470703.jpg
紅玉をベースにいたしまして七宝紋を入れ込んだ簪であります。七宝の中には橙を配しましてちょいと品よくまとめてあります。紅玉は蜻蛉玉の中でも基本の色だと考えております。というのも、ガラスが入ってきたときにはあまりたくさんの色を使うことができなかったようでして、透明と赤がもっぱら使われたようですな。で、赤いものはサンゴを模したようでして、これが町娘に受けたんだと。ま、当時も安いものではなかったようでして、もっぱら商家の娘さんが好んでつけたようではありますが。そんな伝統を感じながら簪を選ぶのも楽しいのではないかなと。「komamonoぶん屋」で取り扱っておりますので、ぜひお越しくださいませ。









by komamono_bun_ya | 2014-07-24 18:53 | 簪/髪飾り

赤玉七宝紋蜻蛉玉簪

e0220163_17400411.jpg
赤い玉も七宝紋もあたしの好みでありまして、いくら見ていても飽きることがない。翠の黒髪に赤がキュッと映えましてきりっと締めてくれる感じがいたしますな。赤玉の蜻蛉玉ってぇのは江戸時代から好かれたものでありまして、町娘の憧れだったようでありますし、赤色がよくもてはやされたのは、その色が珊瑚を模していたからだなんてぇ話もありますな。特にこの七宝紋はちょいと透けた感じの鼈甲色でありまして趣がある。あたしも始めてのお客様がお見えになったときには、まずは赤玉をと薦めております。きゅっと結い上げた髪に赤玉。男心を掴んで話しません。ご用命は「komamonoぶん屋」でお受けしております。








by komamono_bun_ya | 2014-02-14 17:47 | 簪/髪飾り

e0220163_18132572.jpg


女房がしている赤玉のピアスは蜻蛉玉職人からのプレゼントでありまして、かなり気に入っている様子であります。ちょいと見には紅梅のような色合いでもってなかなかに目にも良い。日差しの暖かな浜松城公園でもってそぞろ歩きをしているときにちょいと撮ったものであります。これは店の商品としてももう少し作ってもらおうかななんてね。赤い小さな玉は可愛らしいものでありますな。

(春らしくって良い)
by komamono_bun_ya | 2013-02-10 18:17 | 蜻蛉玉

梅赤の簪

e0220163_1821190.jpg


大寒の最中でありますが、すぐ鼻先には節分がぶら下がっておりまして、春もすぐそこってぇ具合でありますな。闇夜も夜明け前が一番暗いんだなんてぇことを言う。今が寒さの限りと思えば少しは我慢もできるんじゃねぇかなってぇことも思うんですが、寒いものは寒い。明日はちょいと江戸へ上ろうってぇことになっておりまして、仕入先のことやら何やらでいろいろと忙しく動いて来ようなんてぇことなんですが、野暮用の中にもちょいと嬉しい事もありまして、ある人と会う約束になっております。手ぶらじゃぁなんだってぇことでして、何を持って行こうかと悩んだ末の簪でありますが、梅の花よろしく綺麗な赤い簪であります。春の吉兆を呼ぶような赤でして縁起が良い。さて、どのような顛末になりますやらお江戸紀行も戻りましたらばご報告ができるかなと。明日はお店をお休みさせていただきまして、日曜日には平常営業をいたしますれば、皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。

(浅草寺にもお参りへ行かなくっちゃな)
by komamono_bun_ya | 2013-01-25 18:29 | 簪/髪飾り